平成27年度 独立行政法人国立病院機構名古屋医療センター 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0〜 10〜 20〜 30〜 40〜 50〜 60〜 70〜 80〜 90〜
患者数 506 440 413 546 994 1298 2660 3660 2567 458
全体のうち69%が60歳以上で、悪性腫瘍や骨折、脳梗塞、肺炎などでの入院が非常に多くなっています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100070xxxxxxxx 2型糖尿病の治療 121 14.6 15.3 0.0 62.8
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎の治療 112 15.3 14.3 0.0 71.9
070560xx99x0xx 全身性臓器障害を伴う自己免疫性疾患の治療 90 19.7 18.2 0.0 59.2
内科には、総合内科、糖尿病・内分泌科、血液内科、感染症内科、膠原病内科、腎臓内科があります。
総合内科は、診療対象とする疾患・臓器・領域を限定せず内科一般に対応しています。特に不明熱や感染症については、希な疾患・専門性の高い疾患まで多くの診療を行っています。
糖尿病・内分泌科は、甲状腺を中心とする内分泌代謝疾患全般及び糖尿病の診断と治療を行っています。一般には希な下垂体・副甲状腺・副腎などの内分泌疾患の診療も行っています。
血液内科では、造血器腫瘍、貧血、血小板減少、出血性疾患といった血液・造血に関わる疾患の診断と治療を行っています。白血病や悪性リンパ腫、多発性骨髄腫といった造血器腫瘍に対しては、通常の化学療法に加えて、大量化学療法を併用した造血幹細胞移植も積極的に行っています。
感染症内科は、HIV感染症診療に特化しています。優れた抗HIV薬の開発によりHIV感染症そのものが原因で死亡する人はほとんどいなくなり、HIV感染症診療の主体は長期合併症管理となっています。
膠原病内科は、自己免疫疾患・リウマチ性疾患を専門としており、特に活動性の高い難治性の関節リウマチ患者に対しては、抗サイトカイン療法として生物学的製剤による治療を積極的に行っています。
腎臓内科は、IgA腎炎を代表とする糸球体腎炎やネフローゼ症候群などの原発性糸球体疾患のほか、糖尿病、高血圧性腎硬化症などの生活習慣病による二次性腎疾患、いわゆる慢性腎臓病を対象とした診療を行っています。また、急性腎不全患者さんに対する治療も行っています。
神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x099000x 脳梗塞(脳保護療法なし) 147 13.7 15.8 30.0 73.5
010230xx99x00x てんかんの治療 86 8.8 7.0 0.0 56.8
010060x099030x 脳梗塞(脳保護療法有り) 81 16.7 18.1 40.0 71.3
神経内科では、脳梗塞、脳出血などの血管障害、痙攣や意識消失発作をおこすてんかん、 脳炎、髄膜炎などの神経感染症での入院が多くなっています。治療法は薬物療法が主体ですが、リハビリテーション科と連携をとり実施しています。必要に応じて脳神経外科などの診療科と協力して治療しています。
呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎の治療 195 17.83 14.34 7.18 73.68
040040xx9904xx 肺の悪性腫瘍の化学療法 109 8.36 13.38 0.00 67.50
040040xx9900xx 肺の悪性腫瘍の治療 82 14.74 15.00 14.63 72.32
呼吸器内科は,肺がん,気管支喘息,肺炎,呼吸不全などを中心とする呼吸器疾患一般の診療を行っています。中でも肺がん(肺の悪性腫瘍)と肺炎・気管支炎の入院が多くなっています。肺がんは化学療法とステント療法など内視鏡治療に力を入れて行っています。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060102xx99xxxx 憩室性(胃や腸が袋状に膨張した状態)疾患の治療 67 9.78 7.91 1.49 66.93
060340xx03x00x 胆管結石、胆管炎などの手術 64 15.17 10.93 3.13 76.67
060140xx97x00x 胃十二指腸潰瘍などの手術 62 12.16 11.00 3.23 71.40
消化器内科では、食道から十二指腸にいたる上部消化管、小腸、直腸・結腸を含む下部消化管、ならびに肝、胆、膵の診断、治療を行っています。進行食道癌、進行胃癌、肝癌治療などのがん治療、早期がんの内視鏡的治療を中心として、胃潰瘍、感染性腸炎、肝炎、消化管出血、イレウス、急性腹症、潰瘍性大腸炎、クローン病など消化器系のすべての疾患に対応しています。入院では、大腸憩室症や胆管結石、胃・十二指腸潰瘍の患者さんが多くなっています。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
xx99100x 狭心症の治療 217 2.84 3.07 0.46 69.13
050130xx99000x 心不全の治療 157 22.55 18.30 3.18 81.61
050050xx0200xx 狭心症のカテーテル手術 92 4.36 4.87 1.09 68.60
循環器内科では、狭心症や心筋梗塞などの冠動脈疾患だけでなく、心不全、弁膜症、心筋症、不整脈など心疾患全般に対する治療を行っています。入院では狭心症、心不全、不整脈の順に患者さんが多い状況で、投薬による治療やカテーテルによる治療をしています。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070040xx99x3xx 骨の悪性腫瘍の化学療法 36 10.97 19.13 0.00 15.50
040080x1xxx0xx 肺炎、急性気管支炎の治療 31 4.06 5.72 3.23 5.52
070040xx99x4xx 骨の悪性腫瘍のメトトレキサートによる化学療法 30 17.33 15.22 10.00 14.83
小児科では、白血病、リンパ腫などの血液がんと骨肉腫などの骨軟部腫瘍、眼腫瘍である網膜芽腫などの血液腫瘍性疾患、食物アレルギー(成人を含む)、アトピー性皮膚炎、気管支喘息などのアレルギー疾患、主に開業医の先生方からの紹介による一般小児疾患の入院治療を行っています。平成27年度は、骨肉腫(骨の悪性腫瘍)と肺炎・気管支炎による入院が多くなっています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx01x0xx 乳房の悪性腫瘍手術 204 9.73 11.63 0.00 57.77
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍手術 74 11.65 13.03 0.00 69.04
060330xx02xxxx 胆嚢結石などの腹腔鏡下手術 52 6.81 6.96 1.92 60.85
外科には、消化器外科・一般外科、乳腺外科、呼吸器外科があります。
消化器外科・一般外科は、上部・下部消化管疾患と肝・胆・膵疾患の手術療法を行っていて、低侵襲手術として腹腔鏡下手術も多く取り入れています。化学療法も積極的に行い、手術や放射線治療などとの集学的治療も可能です。平成27年度は、胆のう結石などの胆のう疾患患者が多く、腹腔鏡下で摘出術等を行っています。
乳腺外科は、乳癌、乳腺腫瘍、甲状腺癌、甲状腺腫瘍の治療を行っています。入院は、圧倒的に乳癌(乳房の悪性腫瘍)の患者さんが多く、術前診断を詳細に行い乳房温存術を積極的に行っています。また、再発予防のための化学療法は、腫瘍内科と協同して対応しています。
呼吸器外科は、肺癌を中心とした胸部疾患の手術治療、手術による検査を実施しています。入院ではやはり肺癌(肺の悪性腫瘍)の患者さんが多く、リンパ節転移や多臓器浸潤が疑われる症例以外は低侵襲な胸腔鏡下の切除を第一選択としています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 大腿骨骨折の人工骨頭挿入手術 214 23.46 28.70 73.83 81.07
07040xxx01xx0x 股関節の人工関節置換手術 83 19.53 24.95 32.53 70.82
070230xx01xxxx 膝関節の人工関節置換手術 82 18.73 27.21 36.59 73.17
整形外科は、骨や関節、じん帯、神経などの「運動」に関係する器官の診断・治療を行っています。特に「関節リウマチ」「変形性関節症」などに代表される、関節関連の病気の診断や治療に力をいれています。
入院においても、股関節の骨折や股関節骨頭壊死、膝関節症による人工関節置換術や人工骨頭挿入症例が多くなっています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 の治療 67 7.07 7.52 10.45 51.12
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷の血腫除去術などの手術 59 12.47 10.02 10.17 66.14
010050xx02x00x 硬膜下血腫の穿孔洗浄術 39 14.26 11.91 17.95 73.28
脳神経外科は、脳卒中、頭部外傷などの急性期疾患から、脊椎・脊髄疾患、てんかんやパーキンソン病などの慢性期疾患の治療を提供しています。脳血管障害、脳脊髄外傷などの救急患者も精力的に受け入れ、年々増加しています。脳血管障害では、低侵襲な脳血管内手術を取り入れ、開頭術との最善の選択をしている。入院では、頭部外傷の方が多く、その程度により手術が必要かどうか分かれます。また、非外傷性の硬膜下血腫も多い症例となっています。
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050080xx01010x 弁膜症に対する弁置換術等 16 31.88 25.69 0.00 68.31
050050xx0101xx 狭心症の心室瘤切除手術 - 31.22 23.57 0.00 66.00
050080xx0111xx 弁膜症に対する弁置換術等(カテーテル検査あり) - 33.63 38.99 0.00 75.00
心臓血管外科は、成人の虚血性心疾患、弁膜症、胸部大動脈疾患に対する手術治療を行っています。虚血性心疾患に対するオフポンプ冠動脈バイパス術、長期開存性を考慮した動脈グラフトデザイン、僧帽弁閉鎖不全症に対する僧帽弁形成術など生命余語を改善する治療を続けています。平成27年度は、弁膜症に対するロス手術、狭心症等の虚血性疾患に対する心室瘤切除の患者さんが多く入院されました。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080011xx99xxxx 急性膿皮症の治療 31 10.58 11.97 3.23 61.03
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物の皮下腫瘍摘出術 15 3.13 4.38 0.00 47.13
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 11 9.18 8.97 0.00 65.55
皮膚科は、皮膚に生じた病気全般にわたり総合的に診療を行っております。特に皮膚腫瘍に関しては病理部医師と連携し正確な診断のもと、手術、化学療法、放射線治療を行っています。皮疹が病態の主体となる膠原病(全身性エリテマトーデス、皮膚筋炎、強皮症、結節性多発動脈炎、シェーグレン症候群)においては、膠原病内科、整形外科、眼科などの他科と協力して治療にあたっています。入院治療は良性、悪性腫瘍や植皮などの手術のほか、帯状疱疹、水痘、蜂窩織炎などの感染症、重症薬疹、膠原病などに対して行っています。平成27年度は、急性膿皮症、皮膚の良性新生物、帯状疱疹での入院が多くありました。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 尿道内視鏡による膀胱悪性腫瘍手術 62 8.82 7.59 0.00 73.21
11012xxx040x0x 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術 58 2.52 2.89 0.00 54.83
110080xx01x0xx 前立腺悪性腫瘍手術 33 12.27 14.03 0.00 68.64
泌尿器科は、尿路性器癌、排尿機能、尿路感染症、尿路結石を中心に診療しています。尿路性器癌では近年、前立腺癌が増加しており、MRIと前立腺生検により診断し、病態によって手術、放射線治療、内分泌治療、化学療法などを行っています。前立腺全摘術では、ロボット支援手術(ダヴィンチ)を平成27年1月より開始しており、2016年6月からは腎部分切除術にも導入しました。入院では、膀胱悪性腫瘍、尿管結石、前立腺悪性腫瘍の症例が多くなっています。
婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍の子宮全摘手術 26 10.54 10.18 0.00 44.27
120010xx99x50x 卵巣の悪性腫瘍の治療 19 3.79 5.17 15.79 66.74
120070xx01xxxx 卵巣の良性腫瘍の卵巣部分切除手術 14 10.50 10.43 0.00 50.50
婦人科は女性生殖器(子宮、卵巣、卵管、膣、外陰部)の腫瘍性疾患(子宮筋腫や子宮頸癌など)、子宮脱、性感染症、更年期障害、不妊症、生理不順などの内分泌疾患などの婦人科全般を扱っています。入院では、平成27年度は子宮筋腫、卵巣癌、卵巣腫瘍の症例が多く、手術や化学療法、放射線治療を行っています。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020290xx97xxxx 涙器の疾患の手術 130 5.70 5.18 0.00 64.68
020040xx97x0xx 網膜芽細胞腫の手術 27 4.96 4.39 0.00 1.78
020200xx9710xx 黄斑変性の手術 25 9.20 7.99 0.00 71.12
当院は、網膜硝子体疾患、涙道、眼窩腫瘍など難治性眼科疾患の治療を行う基幹病院です。白内障、硝子体手術は、小切開で操作が可能な機器を導入し、手術時間短縮、無縫合手術等、より低侵襲の手術を行っています。涙道閉塞性疾患に対する治療では、涙道内視鏡によるシリコンチューブ挿入術、鼻内視鏡による涙嚢鼻腔吻合術鼻内法を積極的に行っています。
平成27年度は、涙器の疾患、網膜芽細胞腫、黄斑などの症例による入院が多い状況でした。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎の治療 68 6.01 7.76 0.00 52.03
030240xx99xxxx 急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎の治療 32 5.69 5.53 0.00 35.38
030320xxxxxxxx 鼻中隔弯曲症の治療 21 6.71 7.24 0.00 39.43
耳鼻咽喉科は、耳、鼻、のど、頚部に関わる炎症性・腫瘍性の病気および機能障害を対象とし、主な耳疾患には、急性・慢性中耳炎、滲出性中耳炎、各種難聴およびめまい、主な鼻疾患には、アレルギー性鼻炎・花粉症、急性・慢性副鼻腔炎、鼻茸、鼻副鼻腔腫瘍、主なのど疾患には、急性・慢性扁桃炎、咽頭・喉頭腫瘍などがあります。平成27年度は、慢性副鼻腔炎、扁桃周囲膿瘍・急性扁桃炎、鼻中隔湾曲症の入院症例が多くありました。
放射線科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070040xx99x2xx 骨の悪性腫瘍の治療 - 24.00 25.05 0.00 75.50
090010xx99x2xx 乳房の悪性腫瘍の治療 - 33.67 30.55 0.00 73.00
040040xx9902xx 肺の悪性腫瘍の治療 - 13.00 26.02 0.00 77.00
放射線科には画像診断部門と放射線治療部門があります。
画像診断部門では、CT、MRI、PET/CT、RIなどの高額医療機器による画像診断を行っています。また、乳腺画像診断では最先端のフルデジタル高解像度超音波装置、フラットパネルマンモグラフィ撮影装置を導入し、画像診断を提供しています。
治療部門では、肺、消化管、頭頚部をはじめ各領域の悪性腫瘍に対し、原発病巣の根治あるいは症状緩和目的など主科と連携しニーズに則した放射線治療を実施、頭部定位照射・体幹部定位照射、画像誘導放射線治療(IGRT)、強度変調照射(IMRT)と、高精度放射線治療も行っています。
平成27年度は、骨の悪性腫瘍、乳房の悪性腫瘍、肺の悪性腫瘍に対する放射線治療の患者が多く入院しています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 65 18 10 27 15 35 1 6,7
大腸癌 44 44 39 43 20 57 1 6,7
乳癌 95 130 48 11 - 72 1 7
肺癌 77 31 54 130 21 123 1 6,7
肝癌 21 10 13 - 21 43 1 6,7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
がんのステージは、数字が大きいほど進行している事になります。
ステージTは、「がんの腫瘍が少し広がっているが、筋肉の層まででとどまっており、リンパ節に転移はしていない。」
ステージUは、「リンパ節に転移はしていないが、筋肉の層を超えて少し浸潤(広がること)している。または、がんの腫瘍は広がっていないが、リンパ節に少し転移している。」
ステージVは、「がんの腫瘍が浸潤しており、リンパ節転移もみられる。」
ステージWは、「がんがはじめにできた原発部位を超えて、離れた他の臓器へ転移している。」
細かくは、がんの種類によって異なります。
また、再発とは、手術で取りきれていなかった目に見えない小さながんが残っていて再び現れたり、薬物療法(抗がん剤治療)や放射線治療でいったん縮小したがんが再び大きくなったり、別の場所に同じがんが出現することをいいます。
当院では、初発では多い順に肺癌、乳癌、大腸癌、胃癌、肝癌となります。乳癌や胃癌、肝癌では、ステージUまでの患者さんが多い状況ですが、肺癌ではステージWの患者さんが多くなっています。再発では、やはり肺癌や乳癌の患者さんが多い状況です。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 62 10.11 57.42
重症度 1 94 14.68 73.16
重症度 2 99 20.43 79.26
重症度 3 52 22.81 80.77
重症度 4 17 38.76 83.24
重症度 5 - 30.60 82.20
不明 - 13.00 80.00
この重症度は、以下の項目の該当項目数により
0〜5まで分類しています。
  1. 男性70歳以上,女性75歳以上
  2. BUN 21r/ノ以上または脱水あり
  3. SpO2  90%以下(PaO2  60 Torr 以下)
  4. 意識障害
  5. 血圧(収縮期)90oニ以下
不明は、2015年度まで、「不明」という項目分類があったため、
その分類がされているもので、当院では4件ありました。
全体的に、当院では重症度1と2の患者さんが全体の58%を
占めています。また、重症度が上がるにつれ、平均在院日数が
長くなり、平均年齢も上がる傾向となっています。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 38 8.21 68.13 0.00
その他
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内
その他
I63$ 脳梗塞 3日以内 368 21.48 74.40 39.77
その他 62 19.85 73.24 5.81
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - 12.33 73.83 3.57
その他 22 7.14 69.64 3.57
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - 35.50 79.00 20.00
その他 - 10.33 68.33 20.00
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内
その他
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - 6.00 46.00 0.00
その他
救急による搬送が多い症例で、特に70才前後の方が非常に多い状況です。
発症3日目以内の脳梗塞が全体の73%以上となっています。
当院では、発症から4時間30分以内であれば、血栓溶解薬アルテプラーゼによるt-PA静注療法を実施しており、改善が見られなければ、加えて発症6時間以内に血管内治療を行い、詰まった血管を再開しています。
表中の転院は、主にリハビリ目的での転院です。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K610-3 内シャント設置術 37 3.46 11.41 0.00 67.32
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 19 12.95 14.79 5.26 67.53
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 18 25.44 22.22 16.67 77.33
内シャント増設術:腎臓の機能が低下して、血液透析が必要となった時に行なう手術です。
抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置:悪性腫瘍に対する抗がん剤を投与する時に心臓に近い位置に点滴針を差し込むポートを設置する手術です。
胃瘻造設術:病気やケガにより、口腔・咽頭・食道を経由して食物や水分を摂取できなくなった場合に胃瘻を作り、栄養や水分がとれるようにする手術です。
神経内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 12 29.67 21.67 58.33 73.33
K386 気管切開術 - 10.00 85.60 100.00 65.80
K0461 骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿 - 7.75 47.50 75.00 77.25
神経内科では、内科同様に胃瘻造設術をよく行っています。他は、救急患者さんに対して救命措置・緊急措置で気管切開術や骨折観血的的手術を外科医や整形外科医とともに実施する場合が希にあります。
呼吸器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K508-21 気管・気管支ステント留置術 硬性鏡によるもの 83 1.76 7.53 50.60 63.00
K508 気管支狭窄拡張術(気管支鏡) 11 1.64 2.73 0.00 62.00
K510 気管支腫瘍摘出術(気管支鏡又は気管支ファイバースコープ) - 1.00 3.89 11.11 54.44
肺癌などの患者に対して、気管・気管支ステント留置術や気管支狭窄拡張術(気管支鏡)をよく行っています。また、気管支ファイバーによる腫瘍摘出術も実施しています。
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル未満 216 1.38 1.68 0.00 70.25
K654 内視鏡的消化管止血術 69 0.28 12.72 4.35 72.16
K6871 内視鏡的乳頭切開術 乳頭括約筋切開のみのもの 51 3.47 10.10 1.96 75.63
内視鏡による結腸ポリープの切除術は頻繁に行っています。また。内視鏡による消化管の止血術もよく実施しています。胆石症や総胆管結石症の治療のため、チューブや採石・砕石する為の処置具を胆管に挿入したり、また胆石・胆汁を排出する為に、十二指腸乳頭の開口部を広げる必要がありますが、その時に内視鏡的乳頭切開術を行います。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術 その他のもの 68 3.03 2.13 1.47 68.90
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術 急性心筋梗塞に対するもの 55 0.04 21.42 5.45 67.49
K5972 ペースメーカー移植術 経静脈電極の場合 36 6.78 14.64 2.78 75.44
経皮的冠動脈ステント留置術:狭くなった冠動脈を血管の内側から拡げるため、下肢の大腿動脈または上肢の橈骨動脈や上腕動脈から「カテーテル」という細い管を挿入し、大動脈を通過して冠動脈の狭窄部まで進めて、ステントという拡張可能な小さいメッシュ状の金属の筒を血管に留置して、血管の開通性を保持し再閉塞を予防します。
また、ペースメーカー移植術も頻回に実施しています。
小児科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) - 3.00 49.00 0.00 16.00
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(部分切除) - 4.00 11.33 0.00 13.33
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 - 0.00 7.00 33.33 0.00
小児科においても、抗がん剤投与のため抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置
が行われます。
また、小児外科として胸腔鏡下での肺の悪性腫瘍手術や経尿道的尿管ステント留置が行われています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4765 乳腺悪性腫瘍手術 乳房切除術(腋窩鎖骨下部郭清を伴うもの)・胸筋切除を併施しないもの 156 1.43 7.53 0.00 57.71
K6335 ヘルニア手術 鼠径ヘルニア 88 0.52 1.44 0.00 69.88
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 76 1.33 4.79 2.63 62.29
同じ手術としては、乳癌に対する乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術)を頻繁に行っています。また、鼠径ヘルニアの手術も数多く行っています。(鼠径ヘルニアは、本来ならお腹の中にあるはずの腹膜や腸の一部が、鼠径部の筋膜の間から皮膚の下に出てくる下腹部の病気です。いわゆる「脱腸」と呼ばれている病気です。)
腹腔鏡下での胆?摘出術も多い手術です。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術 肩、股、膝 243 2.03 17.53 33.33 70.70
K0461 骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿 148 2.48 18.18 64.86 78.96
K0811 人工骨頭挿入術 肩、股 93 4.48 19.06 78.49 81.56
「関節リウマチ」「変形性関節症」等の治療で、人工関節置換術や骨折の観血的手術、人工骨頭挿入術を数多く実施しています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫洗浄・除去術(穿頭) 67 2.24 12.61 23.88 75.06
K609-2 経皮的頸動脈ステント留置術 34 5.76 11.74 35.29 73.74
K1426 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓形成) 31 5.97 23.48 38.71 70.87
硬膜下血腫の除去は頻回に行っています。
経皮的頸動脈ステント留置術は、頸部内頸動脈狭窄のように、脳へ血液を送る主要な血管である頚動脈が動脈硬化症、まれには炎症や外傷などによって狭窄した場合、血管の内腔から狭窄部に金属のメッシュでできた円筒状の内張り(頚動脈ステント)を入れて狭窄した血管を広げる手術です。
また、脊椎すべり症や脊椎分離症などに対して、脊椎固定・椎弓切除・椎弓形成も数多く実施しています。
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5522 冠動脈、大動脈バイパス移植術 2吻合以上のもの 26 13.65 27.58 7.69 68.92
K5612 ステントグラフト内挿術 腹部大動脈 10 5 11.80 0.00 73.70
K5551 弁置換術 1弁のもの - 13.00 22.78 11.11 68.22
虚血性心疾患において、狭くなった冠動脈病変の先に新たにバイパスする血管をつなげることにより心筋への血流を増やす目的で冠動脈、大動脈バイパス移植術を、また、腹部大動脈瘤に対してステントグラフト内挿術を行っています。
心臓の弁に障害が起こった心臓弁膜症に対して、弁を生体弁や機械弁に置き換える手術(弁置換術)も行っています。
皮膚科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術 単純切除 14 0.29 5.71 0.00 76.93
K0063 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外) 長径6センチメートル以上 10 0.20 2.70 0.00 43.80
K0062 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外) 長径3センチメートル以上6センチメートル未満 - 0.20 2.00 0.00 52.00
皮膚科の手術は、皮膚悪性腫瘍の切除と皮膚・皮下腫瘍の摘出術が中心となっています。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 電解質溶液利用のもの 88 1.70 3.30 0.00 73.58
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術 58 0.05 1.52 0.00 55.36
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 42 0.90 3.52 9.52 67.98
膀胱の悪性腫瘍に対する経尿道的手術、尿管結石に対する体外衝撃波による破砕術の件数が多くなっています。
また、尿路結石手術後に、尿路におけるおしっこの通過障害などの深刻な合併症のリスクを低減するため、経尿道的に尿管ステントを留置(数日〜2週間)します。発熱などの尿道感染や結石による痛みを取る際にも留置する場合があります。
婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K877 子宮全摘術 36 1.22 10.53 0.00 49.36
K9091 流産手術 妊娠11週までの場合 16 0.00 0.31 0.00 32.44
K889 子宮附属器悪性腫瘍手術(両側) 15 2.27 14.47 0.00 60.13
子宮筋腫等に対する子宮全摘術が多くなっています。また、流産手術も卵管や卵巣の悪性腫瘍に対する子宮附属器悪性腫瘍手術と同程度の数を実施しています。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術 眼内レンズを挿入する場合 その他のもの 547 0.83 2.82 0.37 74.10
K204 涙嚢鼻腔吻合術 120 1.09 3.76 0.00 67.13
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術 網膜付着組織を含むもの 77 1.78 8.45 0.00 65.79
白内障に対する水晶体再建のための眼内レンズ挿入が圧倒的に多い手術です。次に鼻涙管閉塞症に対する涙嚢鼻腔吻合術、その次に網膜剥離に対する硝子体茎顕微鏡下離断術を数多く行っています。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K340-4 内視鏡下鼻・副鼻腔手術II型(副鼻腔単洞手術) 26 1.00 2.81 0.00 54.73
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術III型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 20 1.10 3.65 0.00 46.25
K347 鼻中隔矯正術 19 1.00 4.95 0.00 40.47
慢性副鼻腔炎(ちくのう症)に対する内視鏡下鼻・副鼻腔手術が多く、鼻中隔彎曲症による鼻づまり解消のため、鼻中隔矯正術も数多く行っています。
放射線科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) - 26.00 18.00 100.00 81.00
放射線科の治療においても、抗がん剤投与のため抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置が行われます。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - 0.01
異なる 20 0.15
180010 敗血症 同一 75 0.55
異なる 28 0.21
180035 その他の真菌感染症 同一 - 0.04
異なる 15 0.11
180040 手術・処置等の合併症 同一 64 0.47
異なる - 0.02
「播種性血管内凝固症候群」は、元来、正常な血管内では、血管内皮の抗血栓性や血液中の抗凝固因子のはたらきにより、血液は凝固しないような仕組みをもっています。
 播種性血管内凝固症候群(DIC)は、さまざまな重症の基礎疾患(急性前骨髄球性白血病・前立腺癌・肺癌などの悪性腫瘍、敗血症、外傷など)のために過剰な血液凝固反応活性化が生ずるため生体内の抗血栓性の制御能が十分でなくなり、全身の細小血管内で微小血栓が多発して臓器不全、出血傾向のみられる予後不良の病気です。
「敗血症」は、肺炎や腎盂腎炎など生体のある部分で感染症を起こしている場所から血液中に病原体が入り込み、重篤な全身症状を引き起こす症候群です。 血液中に病原体が入り込む原因の感染巣としては、腎盂腎炎といった尿路感染症、肺炎などの呼吸器感染症のほか、胆嚢炎・胆管炎、腹膜炎、褥瘡感染などがあります。
平成26年度の全国平均発生率は、播種性血管内凝固症候群が0.18%、敗血症が0.55%、その他真菌症が0.04%、手術・処置等の合併症が0.71%で、当院の平成27年度の結果と比較すると、播種性血管内凝固症候群や手術・処置等の合併症は当院は低い発生率ですが、敗血症やその他真菌症はやや高い傾向にあります。
更新履歴
2016/09/30
平成27年度データに基づく「病院指標」を公開します