独立行政法人 国立病院機構 名古屋医療センター

文字サイズ
トップ  情報公開  個人情報保護等について  リンク集  サイトマップ

糖尿病・内分泌内科


診療科の概要


大都市圏の三次救急病院であるという特殊性から軽症から重症患者さんまで広く診療しています。年間通院患者は約3000名、うち糖尿病患者は約2000名。1型糖尿病通院患者は約100名。甲状腺疾患、副腎疾患、下垂体疾患など内分泌疾患が約1000人。年間の入院患者数は約500名。高血糖昏睡約20名、低血糖昏睡約50名など救急患者も多く、最近は糖尿病人口の高齢化を反映してか、重症低血糖患者を扱う機会が増えてきました。糖尿病、内分泌疾患は、生涯にわたる慢性疾患という意味合いが強い病気です。われわれスタッフは「慢性疾患とは治すものではなく支えるもの。患者さんの人生を預かり、一生にわたる療養のお手伝いができるよう自らの医学知識を深め、人間的研鑽を積むこと」をモットーに、患者さんのバックグラウンドや性格、社会状況などを理解し、人間関係を深めながら、最適な時期に最適な治療を行うことを第一と考えています。
村瀬 孝司
糖尿病・内分泌内科医長

特色


★かかりつけ医との連携を重視し、共同診療の可能な「開放病床」の運用にも力をいれています。多職種による医療チームを結成して医療支援を行います。厚生労働省糖尿病戦略研究(JDOIT3)など大規模臨床研究にも中核施設として取り組み全国的に高い評価を得ています。★糖尿病診療は患者さんの自己管理能力を引き出す指導に留意しています。教育入院システムを整備し、退院後も継続できる生活習慣の行動変容を目指した治療を行います。★甲状腺疾患は主に外来で治療し、ライフサイクルに留意した管理を行います。一般に稀な下垂体・副甲状腺・副腎などの内分泌疾患の経験も豊富です。全国規模で広がる国立病院機構のネットワークを生かし、的確な診療を行います。★医者がすすめる専門病院(ライフ企画)、女性にいい病院(主婦と生活社)、迷ったときの医者選び(角川SS)、週刊文春、中部経済新聞などで当科の活動が紹介されました。

糖尿病・内分泌内科ホームページ をご覧下さい。

医師紹介


役職 氏名 医師免許取得 主な専門領域 資格等
糖尿病・内分泌内科医長 村瀬 孝司
(ムラセ タカシ)
S61年 内分泌・代謝・糖尿病 日本糖尿病学会糖尿病専門医
日本内分泌学会専門医
糖尿病・内分泌内科医長 山家 由子
(ヤンベ ユウコ)
H1年 内分泌・代謝・糖尿病 日本糖尿病学会糖尿病専門医
日本内分泌学会専門医
日本甲状腺学会専門医
常勤医師 山田 努
(ヤマダ ツトム)
H9年 内分泌・代謝・糖尿病 日本糖尿病学会糖尿病専門医・指導医
日本内分泌学会専門医・指導医
日本甲状腺学会専門医
日本内科学会総合内科専門医
常勤医師 杉浦 里果
(スギウラ サトミ)
H19年
常勤医師 田實 麻智子
(タジツ マチコ)
H23年 内分泌・代謝・糖尿病  
非常勤医師 加藤 泰久
(カトウ ヤスヒサ)
S59年 内分泌・代謝・糖尿病 日本糖尿病学会糖尿病専門医

外来担当表


最新の外来担当表

臨床実績


H24年 疾患別入院患者数

糖尿病 患者数 157
1型糖尿病 (11)
高血糖昏睡・ケトーシス (14)
低血糖昏睡 (22)
2週間教育入院 (80)
糖尿病性腎不全 (8)
糖尿病壊疽 (1)
甲状腺疾患 4
下垂体疾患 7
副腎疾患 9
その他の内分泌疾患 24





▲このページのトップへ

Copyright (C) National Hospital Organization Nagoya Medical Center All Rights Reserved.