独立行政法人 国立病院機構 名古屋医療センター

文字サイズ
トップ  情報公開  個人情報保護等について  リンク集  サイトマップ

整形外科、リウマチ科


診療科の概要


整形外科は、骨や関節、じん帯、神経などの「運動」に関係する器官を扱っています。
当院では、特に「関節リウマチ」「変形性関節症」などに代表される、関節関連の病気の診断や治療に力をいれています。最近では、軽度から重度までの「骨折」、手足の「外傷」などの緊急の治療を必要とする患者さんが増えている一方、遠方からのご紹介で来院の方も多く、他の医療機関との連携を大事にしています。


特色


当科は「関節リウマチ」の薬物療法や手術療法については長い伝統と実績があります。厚生労働省や国立病院機構の研究班にも属し、多くの先端的な業績をあげてきています。各種の生物学的製剤やJAK阻害剤を含む薬物治療や手術などにより、「寛解(痛みが軽くなり、日常生活に支障がない状態)」をめざして、常に最新最良の治療を心がけています。
人工関節置換手術は近年は技術が進歩してきており、数日で退院することもできますし、リハビリテーション病院へ転院することも可能です(現在は2週間程度の入院を目安としています)。
「大腿骨頚部骨折」に関してはなるべく早く手術をおこなって、「地域連携パス」により、しっかりとしたリハビリを行っていただいています。「関節リウマチの生物学的製剤」に関しては、「らくらくパス(地域連携パス)」を用いて、内容の分かる安心な医療を目指しています。
当院の日本DMAT(災害派遣チーム)には、整形外科医師が所属しており、大規模災害時の出動に備えています。
整形外科の平成27年度の手術件数は約969件、そのうち人工関節手術は約300件で最新最良の手技を心がけてています。


医師紹介


役職 氏名 医師免許取得 主な専門領域 資格等
医療情報管理部長
整形外科部長
佐藤 智太郎
(サトウ トモタロウ)
S60年 関節リウマチ
人工関節
日本リウマチ学会専門医
日本整形外科学会専門医
日本リハビリテーション医学会リハビリテーション科指導医
整形外科医長 金子 敦史
(カネコ アツシ)
H2年 関節リウマチ
人工関節
日本リウマチ学会専門医
日本整形外科学会専門医
常勤医師 来田 大平
(キダ ダイヘイ)
H5年 関節リウマチ
人工関節、骨粗鬆症
日本リウマチ学会指導医
日本整形外科学会専門医
常勤医師 服部 陽介
(ハットリ ヨウスケ)
H11年 関節リウマチ
人工関節
日本リウマチ学会専門医
日本整形外科学会専門医
常勤医師 森 公一
(モリ コウイチ)
H18年 一般整形外科 日本整形外科学会専門医
専修医 佐藤 俊
(サトウ シュン)
H24年 一般整形外科
専修医 前田 真崇
(マエダ マサタカ)
H24年 一般整形外科
専修医 山田 彬子
(ヤマダ アキコ)
H24年 一般整形外科

外来担当表


最新の外来担当表

臨床実績


手術項目 平成27年度(件)
人工関節置換術(股) 78
人工関節置換術(膝) 167
人工関節置換術(肘) 4
人工関節置換術(足) 3
人工関節再置換術 18
関節形成手術(足) 18
骨折観血手術(全部位) 318
関節内骨折観血手術(全部位) 123
関節滑膜切除術 25
経皮的骨折観血手術 0
軟部悪性腫瘍手術 1
骨悪性腫瘍手術 3
アキレス腱断裂手術 7





▲このページのトップへ

Copyright (C) National Hospital Organization Nagoya Medical Center All Rights Reserved.