独立行政法人 国立病院機構 名古屋医療センター

文字サイズ
トップ  情報公開  個人情報保護等について  リンク集  サイトマップ

リハビリテーション科


診療科の概要



リハビリテーション科では、病気や怪我などで障害を負った方々や入院中に呼吸機能低下や四肢筋力低下などの合併症が懸念される方々のために、医師の指示のもとに出来るだけ早期より身体機能や病態に合わせたリハビリテーションを行い、それぞれの患者さんの生活に必要な動作や機能獲得の包括的な支援をさせていただいています。治療は次の3分野に分けて行われます。


  理学療法:主に機能改善や歩行練習

  作業療法:主に日常生活動作練習・高次脳機能の評価、訓練

  言語聴覚療法:主に言葉や摂食・嚥下機能の改善


当院リハビリテーション科を受診されている患者さんでは、神経疾患(脳梗塞、脳出血など)、整形疾患(大腿骨頸部骨折、人工関節など)、内部疾患(肺炎、呼吸不全、心不全、心筋梗塞など)を患っておられる方が多く、手術、薬物療法と合わせて廃用症候群の予防、早期離床、早期退院を目指しリハビリテーションを提供させていただいています。また、継続したリハビリテーションが必要な患者さんには回復期リハビリテーション病院等への円滑に移行できるように、脳卒中や大腿骨頸部骨折において地域医療施設との連携を密にしています。また、治療・訓練以外にも糖尿病、栄養サポートチーム(NST)、呼吸サポートチーム(RST)、褥瘡回診、緩和ケアなど、チーム医療へも積極的に参加しています。

岡田 久
リハビリテーション科医長
渡邊 潤子 理学療法士長
リハビリテーション科室長

特色


急性期リハビリテーションの充実
- 病棟配属型リハビリテーションと専門性の向上 -


 当院では、急性期医療の一環として平成24年度より病棟配属型リハビリテーションを導入しており、救命救急センター、神経内科病棟、脳神経外科病棟、整形外科病棟、心臓血管センター並びに呼吸器病棟、他科に専従または専任の療法士・聴覚士を配属し、現在、理学療法士(PT)24名、作業療法士(OT)11名、言語聴覚士(ST)13名、マッサージ師1名の49名の体制で、チーム医療を担っています。

 平成28年度は、病棟配属型リハビリテーションを推進するとともに、各療法における専門性の向上を図ることを目標に、1)救急救命センターでのPT複数性の導入、2)整形外科、救急救命センター、言語聴覚療法における土曜診療の実施、3)卒後教育モデルの推進などリハビリの充実・質の向上、チーム医療の推進、医療事故の軽減、在院日数の短縮などを図りながら、患者さんに満足していただける医療が提供できるように努力してまいります。

リハビリテーション科


リハビリテーション科

職員紹介


●リハビリテーション科室長 兼 理学療法士長 渡邊潤子
当院は病棟配属型の急性期リハビリテーションを実施しております。多様な患者さんに対応できるよう、有効なリハビリテーションのあり方を考え質の充実に向けて多職種で連携をはかりながら取り組んでいこうと思います。
渡邊潤子
●作業療法士長 山内邦夫
赴任してはや四年目に入ります。今年は11名のOTのところ転勤等で3名が入れ替わりました。職員の教育を充実させ、専門性の向上、質の均てん化を図るとともに、さらなる高度急性期リハビリの質の向上を目指して取り組んでまいりたいと思います。
山内邦夫
●言語聴覚士長 横井紀久子
言語聴覚士になって、今年で29年目になります。今までの当院での経験をいかし、質の高い言語聴覚療法の提供を目指していけたらと考えています。経験年数も個性も幅広いメンバー構成ですが、病院目標の「超早期リハビリの充実」をめざすべく、日々精進できたらと思います。
横井紀久子
●病棟師長(心臓血管センター) 小柳津悦子看護師長
心臓疾患患者は日本の傷病率の20%を占めています。当センターは、第三次救命指定病院である当院の心臓専門の集中治療室として365日24時間体制で重症患者様を受け入れ、急性期医療・看護を提供しています。また回復期には、退院後の生活に向け、患者様お一人一人のQOLを重視し、指導や支援を実践しています。心臓疾患は侵襲が強く、高齢患者様が多いため、ADLが落ちてしまう場合も少なくありません。早期にリハビリ介入し、カンファレンスで情報共有・意見交換をチームで患者様の機能回復・ADL改善を目指して取り組んでいます。

●急性・重症患者看護専門看護師 大野美香看護師
救命救急センターでは入院早期から患者さんにリハビリテーションを受けていただけるよう、救命救急センター担当のリハビリテーションスタッフと連携しています。週に1回カンファレンスを持ち、患者さん個々の状況に合わせた目標を設定して安全にリハビリテーションを実施しています。また、大きな手術を受けられる患者さんが早期に回復できるよう、手術前から手術後を通してリハビリテーションを受けていただけるように調整し、実施しています。
今後も、リハビリテーションスタッフと連携を取り、患者さんの機能回復に向けて一生懸命取り組んでいきたいと思います。

●神経内科病棟 長谷部翔平(理学療法士)
神経内科病棟は、脳卒中を中心に神経難病や痙攣発作等の様々な疾患の患者様が入院されています。入院早期からリスク管理(血圧・脈拍・呼吸状態の確認)を行いながら機能回復訓練や高次脳機能訓練、日常生活訓練を行います。日常生活・社会障害を負ってしまった患者様に対し、より早く自立した生活や社会復帰を獲得して頂けるよう、Dr・Ns・MSW・リハビリチーム(PT・OT・ST)等の医療スタッフと連携を密に取りながら患者様へ最適な医療が提供できるように日々努めています。

●脳神経外科病棟 今枝太郎(作業療法士)
脳神経外科病棟では脳血管疾患や脊髄損傷などの患者様が入院されています。術前・術後早期より離床を開始し、歩行訓練や高次脳機能訓練、日常生活動作訓練など、自宅復帰もしくはリハビリ転院まで患者様に合わせたリハビリテーションを提供しています。医師や看護師など様々な職種と連携しながら治療を進め、患者様の一日も早い回復・退院をめざして取り組んでいます。

●整形外科病棟 新実博光(理学療法士)
東9階の整形外科病棟で主に股関節や膝関節の人工関節置換術や外傷等による骨折に対して手術された患者様へのリハビリテーションを担当させて頂いています。医師・看護師等、多職種との連携をとりながら患者様の早期退院・早期社会復帰に向けて計画的なリハビリテーションを実施しています。

●呼吸・循環病棟 石黒由真(理学療法士)
呼吸器・循環器疾患の患者様を対象にリハビリテーションを実施しております。呼吸器・循環器の疾患により生じた障害に対して、医師・看護師等と情報共有を行いながら、安全面に配慮し患者様の自立に向けての一助となれるよう、日々臨床に取り組んでおります。よりよいリハビリを提供できるよう、精一杯頑張っていきたいと思います。

●救命救急センター 金谷貴洋(言語聴覚士)
救命救急センターでは脳血管疾患をはじめ、呼吸・循環疾患、外傷など様々な疾患の方が入院される病棟であるため、日々多職種でコミュニケーションを取り情報共有をしながら状態を確認しリハビリテーションを進めています。言語聴覚療法としては、摂食・嚥下障害を中心に行っており、より安全に食事を摂取していただけるようリハビリテーションを実施しております。

●他科病棟 松田隆汰(理学療法士)
他科チームでは、耳鼻科、膠原病内科、外科、皮膚科、泌尿器科、内分泌科、総合内科と多種多様な科の患者様を担当しています。そのため様々な情報が必要となるので各病棟ではカンファレンスを通して多職種との情報を共有しチーム全体で患者様のQOLが向上できるように取り組んでいきます。また、今年度よりがんリハビリ実施病棟が1病棟増えたことで、より多くのがん患者様のQOL向上にチーム全体で取り組んでいきます。


臨床実績


H27年度実績


  1. 新患依頼件数
  2. 新患依頼件数は、平成26年度比で理学療法114%、作業療法109%、言語聴覚療法110%、全体で112%の増加となった(図1)。

    図1
    図1:新患依頼件数の棒グラフ

  3. 診療単位数及び診療点数
  4. 診療単位数は、平成26年度比で理学療法97.9%、作業療法101.04%、言語聴覚療法86.17%となり、全体として95.7%となった。診療点数については、全体として98.6%であった(表1)。


    表1:入外・部門別の診療単位数および診療点数
    (外来・入院) 外来 入院 入外合計 (療法別内訳) 理学療法 作業療法 言語聴覚療法
    診療単位数 1,901 158,494 160,395 診療単位数 89,030 37,693 40,793
    前年度比(%) 146.80% 95.35% 95.75% 前年度比(%) 106.4% 109.0% 88.4%
    診療点数 467,565 42,012,254 42,479,819 診療点数 21,690,358 9,783,561 11,607,603
    前年度比(%) 149.61% 98.23% 98.60% 前年度比(%) 105.8% 107.8% 89.5%

  5. 依頼診療科別単位数
  6. 診療科別単位(件)数は、平成26年度比で大きな増減はないものの呼吸器内科において137%、耳鼻科が132%の増加となった(表2)。診療科の割合については当科全体で神経内科24%、脳神経外科20%、整形外科11%で約6割を占めている。部門別では、理学療法が神経内科、脳神経外科、整形外科で52%、作業療法は神経内科、脳神経外科で62%、言語聴覚療法は神経内科、脳神経外科で52%となり理学、言語では上記の診療科以外からの依頼の増加が目立っている(表2・図2)。


    表2:診療科別診療単位数
    整形 神内 脳外 外科 呼吸器
    内科
    循環器
    内科
    総合
    内科
    その他
    内科
    耳鼻科 歯科
    口腔外
    小児科 他科※
    科別
    単位数
    19,116 40,540 34,545 9,271 10,838 12,601 7,448 25,832 2,177 305 3,870 2,825
    前年度
    比(%)
    102.7% 81.8% 104.4% 106.3% 137.1% 115.3% 103.3% 94.9% 131.6% 406.7% 120.7% 86.3%
    ※他科:皮膚科、泌尿器科等

    図2(年合計) 図2(PT合計)

    図2(OT合計) 図2(ST合計)
    図2:各部門別の診療科割合

  7. 聴力検査の実績
  8. STが耳鼻科での業務として行っている聴力検査の件数(平成27年4月〜平成28年3月)は2722件、総点数は884,660点となった。聴覚検査の内容としては、自覚的聴力検査(標準純音聴力検査等)、他覚的聴力検査(チンパノメトリー、耳小骨筋反射検査等)、脳誘発電位検査(脳幹反応聴力検査等)等があげられる。


平成26年度の臨床実績
平成25年度の臨床実績
平成24年度の臨床実績

新人教育研修・院内活動への参加など


平成24年度5月より病棟配属となり、新人教育においても新しい試みを行っています。神経内科、脳神経外科、整形外科、呼吸循環器、救命救急センター、他科の6部門を異動しながら、包括的な知識と技術の習得を目指しています。また、病院の研修としてBLS・AED研修等に参加したり、院内の医師による講義、各病棟の勉強会、毎週科内での症例検討・勉強会を実施するなど、幅広い知識の獲得できるように取り組んでおります。また、医療安全推進活動や災害訓練、院内行事などにも積極的に参加しております。TQM(QC)活動では、昨年度、奨励賞をいただきました。
BLS研修 学会発表予演会
BLS研修 学会発表予演会





▲このページのトップへ

Copyright (C) National Hospital Organization Nagoya Medical Center All Rights Reserved.