独立行政法人 国立病院機構 名古屋医療センター

文字サイズ
トップ  情報公開  個人情報保護等について  リンク集  サイトマップ

泌尿器科


診療科の概要


泌尿器科では、主に排尿障害(前立腺肥大症、頻尿、尿失禁)尿路感染症、尿路結石疾患(腎結石、尿管結石、膀胱結石)悪性腫瘍(腎癌、腎盂尿管癌、膀胱癌、前立腺癌、精巣癌)など対象に、各種ガイドラインに沿ってエビデンスに基づいた質の高い診療を心がけ、話し合いをしながら診療を進めるチーム医療を実践し、地域連携にも努めております。
青田 泰博 泌尿器科部長

特色


尿路性器癌、排尿機能、尿路感染症、尿路結石を中心に診療しています。尿路性器癌では近年、前立腺癌が増加しており当科ではMRIと前立腺生検により診断し、病態によって手術、放射線治療(IMRTは当院で稼働し、放射線科と連携し治療しております。小線源治療 陽子線治療は紹介)、内分泌治療、化学療法などを行っています。前立腺全摘術では、内視鏡で術野を確認しながら小切開手術を施行し、術後尿失禁の減少と性機能温存に努めておりましたがロボット支援手術を2014年1月より開始いたしました。従来は開放手術(小切開前立腺全摘術)を基本として治療を進めてきました 。従来の腹腔鏡下前立腺全摘術は狭い術野での縫合捜査など高度な技術を要し癌制御、尿禁制、勃起能維持の点でも小切開手術と大差なく施行しておりませんでしたが、 da Vinci S Surgical System を用いた手術はそれと比較し、利点は@3次元の視野から得られる安定した立体感覚と正確な位置の認識A直観的な鉗子操作とモーションスケーリング機能や手ぶれ防止機能から得れれる迅速で繊細な操作にあります。これにより腹腔鏡下前立腺全摘術、開放手術である前立腺全摘術、いずれの方法からの移行にせよ、操作性、視認性が有意であり繊細な縫合、吻合、再建操作が可能となりました。このため患者様に提供する医療技術としてまた今後の外科系手術においてこの手術支援ロボット da Vinci Surgical System は必要不可欠なものになると考えられます

膀胱癌では内視鏡手術、膀胱全摘術(回腸導管、代用膀胱)BCG膀注療法、全身化学療法を施行しております。腎癌に対しては手術療法として小切開手術及び患者さんにより低侵襲な腹腔鏡下腎摘除術、腹腔鏡下腎部分切除術を施行しインターフェロン、インターロイキンUなどの免疫療法や分子標的薬による総合的治療を行っています。又、腎癌に対してロボット支援下での腎部分切除術を2016年6月より開始します。

精巣癌に対しては手術のほか進行癌への根治的な化学療法を行っています。排尿機能では各種薬物療法のほか前立腺肥大症に対して内視鏡手術(低Na症候群をおこしにくい生理食塩水を還流に使用)を行っています。

尿路感染症では急性腎盂腎炎、急性精巣上体炎、急性前立腺炎などの高熱を伴う疾患には入院加療をしています。尿路結石に対しては疼痛管理のほか自排石不能な結石に対してドルニエ社製装置による体外衝撃波結石破砕術(ESWL)を行い、破砕困難な結石に対してはレーザーと軟性尿管鏡(CCDビデオスコープ搭載)を使用した経尿道的軟性鏡下結石破砕術を2011年より導入し破砕効果を高めております。また間質性膀胱炎に対しての水圧拡張術など幅広い患者さんに対応しております。


医師紹介


役職 氏名 医師免許取得 主な専門領域 資格等
泌尿器科医長 木村 恭祐
(キムラ キョウスケ)
H10年 悪性腫瘍
尿路結石
日本泌尿器科学会泌尿器科指導医
日本泌尿器科学会泌尿器科専門医
がん治療認定機構がん治療認定医
腹腔鏡下小切開手術施設基準医
腹腔鏡技術認定医
日本移植学会移植認定医
腎移植認定医
泌尿器科医長 岡本 典子
(オカモト ノリコ)
S59年 泌尿器一般 日本泌尿器科学会泌尿器科指導医
日本泌尿器科学会泌尿器科専門医
泌尿器科部長 青田 泰博
(アオタ ヤスヒロ)
S54年 悪性腫瘍 日本泌尿器科学会泌尿器科指導医
日本泌尿器科学会泌尿器科専門医
常勤医師 水野 秀紀
(ミズノ ヒデキ)
H14年 泌尿器一般 日本泌尿器科学会泌尿器科指導医
日本泌尿器科学会泌尿器科専門医
常勤医師 副田 雄也
(ソエダ ユウヤ)
H23年 泌尿器一般
非常勤医師 岡村 菊夫
(オカムラ キクオ)
S54年 悪性腫瘍
排尿障害
日本泌尿器科学会泌尿器科指導医
日本泌尿器科学会泌尿器科専門医
非常勤医師 伊藤 裕一
(イトウ ユウイチ)
S61年 泌尿器一般 日本泌尿器科学会泌尿器科指導医
日本泌尿器科学会泌尿器科専門医
専修医 鈴木 知秀
(スズキ トモヒデ)
H26年 泌尿器一般

外来担当表


最新の外来担当表

臨床実績


年間手術件数(2015/1〜12)

膀胱全摘
腹腔鏡下腎盂形成
6
1
経尿道的腎盂尿管結石破砕術
経尿道的膀胱結石破砕術
36
15
ロボット支援下前立腺全摘術 33 経尿道的膀胱腫瘍切除術 104
腎摘除術
腹腔鏡下腎摘除術
腎部分切除術
2
9
4
体外衝撃波結石破砕術 59
経尿道的前立腺切除術 29 前立腺生検 132

過去の臨床実績

年間手術件数(2014/1〜12)

膀胱全摘 3 経尿道的腎盂尿管結石破砕術 22
腎摘除術
腹腔鏡下腎摘除術
腹腔鏡下腎尿管全摘術
腹腔鏡下腎部分切除術
12
10
6
2
経尿道的膀胱腫瘍切除術 111
体外衝撃波結石破砕術 60
ロボット支援下前立腺全摘術 32
前立腺生検 133
経尿道的前立腺切除術 22





▲このページのトップへ

Copyright (C) National Hospital Organization Nagoya Medical Center All Rights Reserved.