独立行政法人 国立病院機構 名古屋医療センター

文字サイズ
トップ  情報公開  個人情報保護等について  リンク集  サイトマップ

臨床腫瘍科


診療科の概要


臨床腫瘍科はがん薬物療法専門医を中心に固形がんの診療を中心に行っています。
がんの診断や化学療法を中心とする治療に加えて、外来化学療法室や化学療法レジメンの管理、多診療科・他職種からなる症例検討会(キャンサーボード)の企画・運営、抗がん剤や支持療法薬の臨床試験や新薬の治験を担っております。


特色


当院はがん拠点診療拠点病院でありこれまでも消化器、呼吸器、乳腺、婦人科、血液など各臓器別診療科がそれぞれの領域でがん診療を提供してまいりました。しかしながら、近年は必ずしもがん腫や臓器によらず、緩和ケアを含む全人的立場でがん患者さんを診療し、有効で安全な薬物療法を実践していく腫瘍内科医の重要性が叫ばれています。この背景にはがん治療が入院中心から外来治療中心へ移行しつつあること、独特の副作用を管理しながら有効性を引き出す必要がある分子標的薬の登場、これまで有効な薬剤がなかったがん腫における新薬の開発が進みつつあること、化学療法の専門家から治療を受けたいという患者さんからのニーズなどが挙げられます。当科はこうした社会的要請に応えるべく早くより臨床腫瘍学会認定のがん薬物療法専門医(腫瘍内科専門医)の養成を開始し現在3名の専門医が在籍しております。


診療

現在は、当番制で外来化学療法室を担当し、抗がん剤の血管外漏出やアレルギー反応などに対応するとともに、原発不明がんや肉腫を始めとする希少がんの診断や治療、乳腺外科と連携した乳がん術後補助療法、各診療科からのコンサルテーション業務を主に担当しております。今後は院内の各臓器別診療科はもとより地域の医療機関の皆様と一層の連携を含め院内外のがん診療の質の向上に努めてまいりたいと考えております。
実際の診療は臨床腫瘍科医師、がん化学療法認定看護師、がん薬物療法認定薬剤師らからなるチーム医療を基本とし、各種ガイドラインや最新の知見を基に最適と考えられる標準治療を提供することを心がけております。加えて、国内の主要な研究グループに参加し、がん医療の発展に貢献するとともに新薬開発に係る治験に積極的に参加しております。患者さんのがん腫や状況によっては新薬を用いた治験にご参加頂けることがあり、再発・難治がんにおいては重要なオプションと考えております。


医師紹介


役職 氏名 医師免許取得 主な専門領域 資格等
がん総合診療部長
呼吸器科部長
坂 英雄
(サカ ヒデオ)
S55年 臨床腫瘍学
呼吸器腫瘍
がん薬物療法専門医、指導医
日本内科学会総合内科専門医、指導医
日本呼吸器学会専門医、指導医
日本呼吸器内視鏡学会気管支鏡専門医、指導医
日本アレルギー学会専門医
臨床腫瘍科医長
外来化学療法室長
北川 智余恵
(キタガワ チヨエ)
H5年 臨床腫瘍学
呼吸器腫瘍
がん薬物療法専門医、指導医
日本内科学会総合内科専門医
日本アレルギー学会専門医
常勤医師 小暮 啓人
(コグレ ヨシヒト)
H11年 臨床腫瘍学
呼吸器腫瘍
がん薬物療法専門医、指導医
日本呼吸器学会専門医、指導医
専修医 今村 恭子
(イマムラ キョウコ)
H25年
専修医 能澤 一樹
(ノザワ カズキ)
H25年

外来担当表


最新の外来担当表

医療関係者の方へ


教育・研修

がんに関連する各種教育も重要な任務と考えており、臨床研修医や専修医の教育や養成に加えて、がん化学療法・放射線治療に関する研修会や講演会などを定期的に開催しております。


専修医・後期研修に関するお知らせ




▲このページのトップへ

Copyright (C) National Hospital Organization Nagoya Medical Center All Rights Reserved.