社団法人
日本脳卒中協会愛知県支部
 The Japan Stroke Association
 ホーム  ご挨拶  脳卒中とは?  関連サイト  お問合せ  脳卒中なんでも相談室

◇脳卒中とは…

 脳卒中とは脳の血管が詰まったり、切れたりする病気(脳血管障害)です。現在日本人の死因の第3位を占め、高齢者の寝たきりの原因の第1位で、まさに国民病の一つと言えます。

 脳卒中の死亡率は昭和40年代をピークに減少してきましたが、これは高血圧治療に対する啓蒙などで致死的な脳出血が少なくなったことによります。しかし、日本人の食生活の欧米化とともに動脈硬化による血管の狭窄を持つ人が増え、血管が詰まる脳梗塞が増加しています。脳梗塞を発病して直ちに亡くなることは比較的少ないですが、多くの場合、言語障害や手足の麻痺などの後遺症が残りその後の人生に様々な障害をもたらします。また、脳梗塞は再発しやすく、再発を繰り返すことで徐々に障害が重くなり、肺炎などの合併症をおこしやすくもなります。

 脳卒中は発症や再発をある程度防ぐことのできる病気です。脳卒中に対する正しい知識を身につけ、このやっかいな病気にかからないようにしましょう。

⇒脳卒中の分類