社団法人
日本脳卒中協会愛知県支部
 The Japan Stroke Association
 ホーム  ご挨拶  脳卒中とは?  関連サイト  お問合せ  脳卒中なんでも相談室

◇脳卒中の分類                  

 脳卒中には脳の動脈が破れる出血性脳卒中と脳の動脈が詰まって血流の流れが悪くなる虚血性脳卒中(脳梗塞)があります。出血性脳卒中には脳内の細い動脈が破れて、脳の内部に血の塊(血腫)ができる脳出血と脳の表面の動脈にできた動脈瘤が破裂して生じるくも膜下出血があります。

1)脳出血とくも膜下出血
       脳出血のCT              くも膜下出血のCT

図の説明:いずれも白い部分が出血。脳出血は脳の中に血腫ができる。

脳血管造影写真:くも膜下出血の原因:脳動脈瘤

くも膜下出血は脳の表面に出血が広がる。

2)脳梗塞
 虚血性脳卒中(脳梗塞)には脳や首の動脈に粥状硬化(アテローム硬化とも言います)が生じて血管が狭窄し、そこに血栓が付着して生じるアテローム血栓性梗塞、心臓病(心房細動など)が原因で心臓内に血栓が生じ、この血栓が血流によって脳や首の血管へ運ばれて詰まってしまう心原性脳塞栓症、脳内の細い動脈が傷み、閉塞してしまうラクナ梗塞などがあります。

(A)アテローム血栓性梗塞

       アテローム血栓性梗塞のMRI(拡散強調画像)白い部分が梗塞

MRA(頚部動脈撮影)左頸動脈が閉塞(◀)、右頸動脈も狭窄している(▶)。

(B)心原性脳塞栓症

心原性脳塞栓症のCT:心臓から流れてきた血栓で動脈が急に閉塞するため、大きな梗塞になりやすい。

脳血管造影:左頸動脈が心臓から流れてきた血栓で閉塞している()。

(C)ラクナ梗塞

ラクナ梗塞のMRI(拡散強調画像)。脳内の細い動脈が閉塞し、直径1.5cm以下の小さな梗塞を形成する。

 

脳卒中の危険因子