がん地域連携パス

愛知県では、がん患者の増加に伴い、地域でのがんの医療連携体制を整えるために、がん診療連携拠点病院とかかりつけ医とが連携して、診療の役割分担をする『がん地域連携パス』が運用されています。

がん地域連携パス

がん地域連携パスとは
当院で手術や処置などの治療を受けた後、お近くのかかりつけ医と当院の医師とが連携し、標準治療の継続と日頃の健康管理をスムーズに行っていくためのしくみが、『地域連携パス』です。
患者さんご自身と、かかりつけ医、当院医師の3者が、今後の治療や診療計画、通院スケジュールなどを指し示した冊子(パス)を活用し、診療情報の共有をはかり、安心したがん治療の継続を提供するものです。

パスのメリット
・当院への頻繁な通院が不要となり、通院の不便さや外来での長い待ち時間から開放されます。
・当院医師とかかりつけ医の複数の医師によるサポートも受けられます。

かかりつけ医をお持ちでない場合は、当院からご紹介することも可能です。ご自宅からの距離や診療科なども考慮し、患者さんとご相談しながらかかりつけ医を決定しますので、お気軽に主治医にお尋ね下さい。