院内がん登録

院内がん登録は、病院でがんと診断された患者さんの情報を集め、それぞれの病院でがん診療がどのように行われているかを明らかにする調査を言います。がん診療連携拠点病院ではこの調査を通して毎年どのくらいの人ががんと新たに診断され、その治療方法を通してその後どのくらいの割合で生存しているかなどの統計を取っています。
名古屋医療センターでも、診療科を問わず全ての患者さんのがんについての情報を収集、整備し、病院のがん診療を向上させ、患者さんを支援することができるよう努めています。医療機関同士の情報共有により地域におけるがん診療のレベルアップも図っています。なお、これらの個人情報は、個人情報保護法等に遵守し厳重に取り扱っています。

※画像クリックで拡大します(PDF)
診断年別部位別 院内がん登録件数(2016年~2017年)

 

 

 

 

 

 

※画像クリックで拡大します(PDF)

診断年別部位別 院内がん登録件数

 

 

 

 

※画像クリックで拡大します(PDF)

5年相対生存率