リソースナースとは

名古屋医療センターでは、専門看護師や認定看護師など、専門性の高い看護の技術、知識をもつ看護師「リソースナース(resouse =目的を達成するために役立つ、必要となる)」が活動しています。当院は、三次救急医療、地域がん診療連携拠点病院、エイズ治療拠点病院、災害医療拠点病院など多くの役割を担う病院であるため、多様な分野で最先端の高度な看護の技術、知識が求められます。
リソースナースは、看護部の支援体制を基盤として各部門に所属または横断的に活動し、より質の高い看護ケアや知識の提供、教育の支援、看護研究の推進に携わっています。

 

特集

 

過去の特集

 

リソースナース紹介

患者さんやご家族のため、ジェネラリストの看護師や医療スタッフとの連携を大切にしながら活動するリソースナースを紹介します。

 

 

急性・重症患者看護専門看護師

写真 急性重症看護

突然の病気や事故で病院に来られた患者さんや手術を受けられる患者さんとご家族に対して看護を提供しています。生命危機状態の患 者さんが速やかに回復されるよう、クオリティ・オブ・ライフを尊重した看護をスタッフと共に提供します。救命救急センターだけでなく、看護外来や一般病棟にも出向き組織横断的に活動しています。 呼吸ケアサポートチームなどの活動を通して医師やコメディカルスタッフとの連携を大切にし、良い支援ができるようにいたします。

 

集中ケア認定看護師

写真 集中ケア看護

患者さんの回復には、いちばん近くにいる看護師の気づきが次の一歩につながります。このため、ベッドサイドでの観察では、いっしょに実践することを大切にしています。また、患者さんが必要としているケアについては、病態や症状、観察、モニターから適切にアセスメントして物品や方法、タイミングを見出すことができるようサポートしています。
さらに、さまざまな事象に対応できるよう、正しい情報の分析と実践力向上に努力しています。

 

写真 集中ケア看護

根拠を持ってケアを提供することで、生命の危機的状況にある患者さんの合併症や障害が最小限となり、回復を促進できるように支援しています。退院後の生活を見据えて、早期からリハビリテーションやせん妄予防を積極的に取り組んでいます。また、呼吸ケアサポートチームの活動を通して一般病棟をラウンドしたり、急変時対応などのシミュレーション教育を行っています。実践を通してスタッフのアセスメント力や看護ケアの向上を図り、多職種と連携しながら患者さんやご家族に質の高いケアを提供したいと思っています。

 

摂食・嚥下障害看護認定看護師

写真 摂食・嚥下障害看護認定看護師

摂食・嚥下障害とは、病気と加齢により、食べたり、飲み込んだりすることに障害や機能低下が起きることです。この障害があると、誤嚥や窒息などのリスクを伴うために、口から食べることが難しくなります。「口から食べる」ことは、生命を維持するだけでなく「味わう楽しみ」などの生活の質にも深く関わります。そのため、多職種による専門的ケアやリハビリテーションで早期に機能を回復・維持させていくことが重要とされています。私達、摂食・嚥下障害看護認定看護師は「どのようにしたら安全に食べることができるか?」を考え、患者様にあった適切なケアを提供するために活動しています。口から食べたいという患者様や家族の思いに、寄り添えるようお手伝いさせていただきます。

 

手術看護認定看護師

写真 手術看護認定看護師

手術を余儀なくされたとき、これまで送ってきた日常
が一変し、 今後の生活に多くの不安を抱え、また強い
緊張状態の中で手術室に来られると思います。安全で
安心して手術を受けて頂けるよう、手術前から患者・
家族の皆さんと関わっていきます。また、医師・コメ
ディカルと連携し、必要とする看護計画を考え、より
よい手術看護を実践していきたいと思います。手術に
向けて、また手術後の生活で不安等あれば、何でも
お聞きください。

 

慢性疾患看護専門看護師

写真 慢性疾患看護専門看護師

糖尿病看護を主に活動しています。 自己管理の必要な慢性疾患は増えていますが、一方で少子高齢化が進み、働き盛り世代から高齢世代まで、幅広い年齢層で役割が増え、自分の健康を優先できずに困っている方も多くみえます。一緒に生活習慣を振り返り、健康のためにできることをみつけていきたいと思っています。また当院や地域で活躍する看護師の支援も考えています。遠慮なく声をかけてください。

 

HIV/AIDSコーディネーターナース

写真 HIV/AIDSコーディネーターナース

HIV感染症は、身体だけではなく、社会的・経済的・心理的に色々な心配が生じる疾患です。診療では、多職種との連携により、身体的なトラブル以外にも陽性者の方の負担の軽減と、安心して受診を続けていただく事が出来るように、通院・入院生活のサポートを行っています。患者さんが自己管理をして心身ともに健康な状態を維持し、病気よりも優位な状況で生活していくことができるように、チームの一員としてサポートさせていただきます。

 

写真 HIV/AIDSコーディネーターナース

HIV感染症は薬の進歩により、他の慢性疾患と同様、患者さんの療養生活は長期化しており、患者さんも高齢化してきています。患者さんが社会生活と療養生活を両立できるようセルフマネジメント支援を行うと同時に、長期療養に伴う合併症への対応も必要となっています。そして長期療養の中でも多くの患者さんが心配することはプライバシー面です。この点に配慮し患者さんが生活習慣にも目を向けた自己管理ができ、安心のできる療養生活ができるよう多職種とも連携し支援していきたいです。

 

糖尿病看護認定看護師

写真 糖尿病看護認定看護師

糖尿病は慢性疾患であり、患者さんは糖尿病と共に生き、その変化の中で折り合いをつけながら療養生活を送っています。合併症の進行によりQOLが損なわれる可能性があること、糖尿病と向き合うことが困難になることもあります。患者さんに対し、糖尿病があっても、その人らしい生活を送りながら療養を続けていけるように療養支援を行っています。また、糖尿病足病変を予防するために月1回フットケア外来でのセルフケア指導を行っています。患者さんやご家族に寄り添い、共に考え、患者さんが糖尿病とうまく付き合いながら療養生活が送れるように支援していきたいです。

 

慢性心不全看護認定看護師

心不全は慢性疾患であり増悪と寛解を繰り返すため、病気と上手く付き合いながら生活しなければなりません。現在、病棟を中心に活動していますが、心不全で入退院を繰り返す患者様も少なくありません。患者様・ご家族が『その人らしい生活』を送れるように心不全手帳を用いて指導を行っています。今後、療養環境の整備や継続看護の充実が図れるよう地域との連携が不可欠となります。『時々入院、ほぼ在宅』を合言葉に地域医療・看護との連携を深め、共に心不全患者様のために活動できればと考えています。

写真 慢性心不全看護認定看護師

近年、心不全で入退院を繰り返す方が増えています。
心不全の増悪を予防するためには、患者様ご自身に
よる心不全の管理が重要となります。お薬の継続だけ
でなく、体重や血圧、むくみ等を観察しながら、
増悪の兆候を見逃さないようにすることが大切です。
患者様やご家族様と向き合い、お話しをお聴きし、
お一人お一人の生活に合った管理の方法を一緒に考え
ていく看護を実践しています。
現在は、心臓血管センターで勤務していますが、
「患者様・ご家族様の望む生活」を継続できるよう、
外来だけでなく、地域で活躍する看護師とも連携を
深めていきます。

 

感染管理認定看護師

写真 感染管理認定看護師

私たち感染管理認定看護師は、患者さんやご家族はもちろん、職員や委託業者など現場で働く院内のすべての人々を感染から守り、感染を拡大しないようにするため、様々な職種と連携し感染防止対策に取り組んでいます。多剤耐性菌や医療器具関連感染、手術部位感染の監視や調査(サーベイランス)、院内で発生している感染症の発生状況の把握、院内の環境ラウンドを行いナースステーション・処置室、患者さんの療養環境などを見て回り、感染対策の実践状況を確認しより良い環境作りを目指しています。 

 写真 感染管理認定看護師2

感染対策で何よりも大切な手指衛生についても職員全員がきれいな手で患者さんに 関わることができるよう、必要な物品を取り揃え声かけを行い、手荒れの相談にものっています。麻疹や水痘などの流行性ウイルス性疾患のワクチン対策にも力を入れており、抗体価が基準に満たないすべての職員を対象にワクチン接種を行っています。私たち職員が媒介者にならないように努めています。

 

皮膚・排泄ケア認定看護師

写真 皮膚・排泄ケア認定看護師

褥瘡(床ずれ)のケア、その他の傷に関するケア、皮膚の乾燥など皮膚トラブルへの予防的なスキンケアを行います。また、ストーマ(人工肛門や人工膀胱)を造られた方の皮膚のケアや不安などへの対応、失禁(便や尿の漏れ)に関するケアを入院前~入院中~退院後にわたって行っています。
皮膚障害や排泄障害を克服し、患者さんがその人らしく、安心して日常生活を送ることができるようにお手伝いをさせていただきます。

 

写真 皮膚・排泄ケア認定看護師

皮膚・排泄ケア認定看護師として、病棟で勤務しています。人工肛門や人工膀胱を造設する患者さんが少しでも安心して生活を送ることができるよう、術前から術後、退院までを通して関わらせていただいています。また褥瘡や皮膚障害の予防、創傷の治癒・改善を目指して、患者さんの苦痛を軽減できるようケアをさせていただいています。病棟スタッフとともに看護の質を高め、患者さんへよりよいケアが提供できるよう取り組んでいます。

 

がん性疼痛看護認定看護師

写真 がん性疼痛看護認定看護師

現在、緩和ケアチームの看護師として、患者さん・ご家族の方の様々な苦痛を緩和すべく日々奮闘しています。身体的・心理的・社会的・スピリチュアルな痛みの辛さは、はっきりと目に見えたり、数値に表れるものでなく、現にそれを体験している人しか、その本当の辛さは分からないものです。なにより、患者さんの言葉に常に耳を傾けることを大切にし、そして、認定看護師として得た専門的スキルを最大限に生かしてより良いケアを提供していきたいと考えています。

 

写真 がん性疼痛看護認定看護師現在、がん相談支援センターで相談支援専門員として活動しています。がん患者さんやご家族は、がん治療や療養、症状への対応、心のつらさなど様々な悩みや不安を抱えています。ゆっくりお話をうかがい、気持ちの整理や情報提供など、問題解決の糸口を見つけるお手伝いをさせていただきます。緩和ケアチームやケースワーカー、病棟看護師とも連携を図り、みんなで一緒にがん患者さんやご家族を支えていけるよう、努力していきたいと思います。

 

写真 がん性疼痛看護認定看護師

がん性疼痛看護認定看護師として、また、病棟スタッフとして勤務をしています。日々患者様に関わることで大事にしていることは、まずは話を聞くということです。全てはそこから始まると思っています。患者さんの思いを聞いた上で、目標を一緒に考え、その方らしい生き方を支えるにはどうしたらよいのかを考えながら看護するよう心がけています。患者さんから教わることもとても多く、その学びをより多くの患者さんとの関わりに生かしていけたらと考えています。

 

がん放射線療法看護認定看護師

写真 がん放射線療法看護認定看護師

外来の放射線治療部に勤務しています。がん放射線治療を受ける患者さんやご家族が安心して、安楽にかつ安全に決められたスケジュールで治療が完遂できるよう専門的知識と技術を持って支援しています。また患者さんに関わる看護師に対し指導や相談を行っています。さらに他分野の認定看護師や他施設の認定看護師とコラボレーションし、より良く治療を続けられるように頑張っています。放射線治療を受ける患者さんの照射に付き添い安全安楽に治療が受けられるよう配慮しています。

 

がん化学療法看護認定看護師

写真 化学療法看護認定看護師

化学療法を受ける患者さんにとって副作用は一番心配なことですが、現在は効果的な副作用対策もたくさん開発されています。患者さんに合った副作用緩和方法を考え実践することががん化学療法看護認定看護師である私の役割です。がん患者さんが化学療法を受けている間も元気で過ごし、その人らしい生活を送っていただくことが一番の願いです。患者さんお一人お一人に合った治療とのつきあい方を一緒に考えますので、いつでもご相談下さい。

 

写真 化学療法看護認定看護師

外来化学療法室で勤務しています。がん化学療法を受ける患者さん・ご家族は、抗がん剤の副作用による苦痛だけではなく、様々な不安を抱えながら生活されている方もみえます。そこで、がん化学療法を安全に行い、副作用を最小限に抑えることで、治療が継続できるように医師・薬剤師と協働して患者さんをサポートできるお手伝いをしています。副作用や対処方法、日常生活上で心配なことがありましたら、いつでもご相談ください。

 

写真 化学療法看護認定看護師

現在、化学療法看護認定看護師として病棟で勤務をしています。入院でがん化学療法をうける患者様に安全で確実な投与管理や支持療法の援助、患者様のセルフマネジメント・副作用対策ができるよう病棟スタッフとともに取り組んでいます。医師からの病状や治療方針の説明時には可能な限り同席を行うようにしています。患者様の思いに寄り添い意思を尊重できるよう話を聞き、その人らしさを大切にして、退院後の生活を見据え、患者様が少しでも前向きに治療に臨めるよう援助しています。

 

乳がん看護認定看護師

写真 乳がん看護認定看護師

乳がん看護認定看護師は、治療法をご自身で選択しなければならない場合や治療法の副作用、乳房補正や術後のリンパ浮腫予防などでお困りの場合など治療に関する様々な場面で、安心して治療を受け生活ができるよう支援します。ボディイメージの変化に対する気持ちや子どもとの関り方、妊娠を含めたライフプランなど患者さんやご家族の不安に寄り添いながら自分らしく生活できるようスタッフと連携し支援させていただきます。