研究業績

2017年度学会発表

筆頭演者 演題名 学会
林 誠 薬剤師が行うアウトカム改善のための臨床研究 ― がん化学療法のレジメン遵守による薬剤経済学的検討から考える ― 第27回日本医療薬学会年会
林 誠 緩和ケア薬物療法における オピオイドの基礎知識 平成29年度石川県地域緩和ケア研究会
Togami H Correlation between UGT1A1*6 and *28 genotype, and plasma dolutegravir concentrations in Japanese HIV-1 infected patients 9th IAS Conference on HIV Science 2017, Paris, France
戸上博昭 名古屋医療センターにおけるTenofovir alafenamide変更例の検討 第31回 日本エイズ学会学術集会・総会
平野淳 HIV患者の合併症、ポリファーマシーの現状調査と今後の課題~処方動向からの検討~  第31回 日本エイズ学会学術集会・総会
平野淳 HIV関連トキソプラズマ脳症に対するpyrimethamine、sulfadiazineの安全性および治療成績の評価 第66回日本感染症学会東日本地方会学術集会 第64回日本化学療法学会東日本支部総会 合同学会
川口しおり Dolutegravir,lamivudineの2剤による維持療法に至った症例における有効性と安全性の検討 第31回 日本エイズ学会学術集会・総会
加藤万理 ABC+3TCからTAF/FTCへARTを変更した患者における腎機能検査値の経時的変化について 第31回 日本エイズ学会学術集会・総会
Kato M RELATIONSHIP BETWEEN PLASMA DOLUTEGRAVIR CONCENTRATION AND CAUSE OF ANTI-HIV THERAPY DISCONTINUATION Australian Society of clinical and Experimental Pharmacologists and Toxicologists and the Australasian Pharmaceutical Science Association
後藤 拓也 入院志向型の病棟薬剤業務から入院前・退院後を含むトータルケアへ 第71回 国立病院総合医学会
永田 翔子 呼吸器外科における術前外来での薬剤師による常用薬確認の有用性 第71回 国立病院総合医学会
水谷 実花 内服抗がん剤におけるB型肝炎ウィルス再活性化予防のためのスクリーニング検査の現状調査 日本臨床腫瘍薬学会学術大会2018
待田浩之 救命救急センターで病棟薬剤業務に活用するテンプレートの作成と評価 第71回国立病院総合医学会
愛知 佑香 抗がん剤曝露調査による現状把握と対策について 第27回 医療薬学会年会
溝神由美子 高齢者糖尿病患者におけるフレイルとポリファーマシーに関する検討 第60回日本糖尿病学会年次学術集会
森下 拓哉 胃がんラムシルマブ+パクリタキセル療法におけるRDIのOS/PFSおよび有害事象への影響についての検討 第27回 医療薬学会年会

2016年度学会発表

筆頭演者 演題名 学会
Atsushi Hirano Antiretroviral combination regimens to prevent mother-to-child transmission
for Japanese HIV-1 infected patients
Asia Pacific AIDS & Co-infections Conference 2016
H. Togami Treatment outcome for NRTI sparing regimen consisting of dolutegravir and rilpivirine 1st Asia Pacific AIDS & Co-Infections Conference
Mari Kato Adverse reactions on the pharmacokinetics of dolutegravir in Japanese HIV-1 infected patients Asia Pacific AIDS & Co-infections Conference 2016
佐藤 菜月 薬剤師におけるがん薬物療法前のB型肝炎ウイルス再活性化予防の取り組み 第26回日本医療薬学会年会
上床 遥 薬剤情報共有シートを用いた慢性C型肝炎治療における薬剤師の介入効果 第26回日本医療薬学会年会
後藤 拓也 POT法を用いた緑膿菌の耐性化と抗菌薬使用量の関連性の調査 第26回日本医療薬学会年会
平野 隆司 認定倫理審査委員会が抱える課題と課題解決に向けた取り組みについて~倫理審査の質の向上~ 第16回CRCと臨床試験のあり方を考える会議2016 in 大宮
平野淳 簡易懸濁法によりドルテグラビルの投与を行った症例に対する有効性の後方視的調査 第26回日本医療薬学会年会
戸上 博昭 名古屋医療センターにおけるHIV/HCV重複感染者に対する、IFN-free DAAsによる治療と薬剤師の支援の必要性 第26回日本医療薬学会年会
井上 裕貴 抗がん剤曝露調査による現状把握と対策について 第26回日本医療薬学会年会
Mari Kato ANTIRETROVIRAL THERAPY TO PREVENT MOTHER-TO-CHILD TRANSMISSION FOR JAPANESE HIV-1 INFECTED PREGNANT WOMEN 8th Asian Congress of Pediatric Infectious Diseases
天野 詩織 電子カルテ連携機能を利用した薬薬連携の取り組み -金鯱メディネットを利用したかかりつけ薬局との連携- 日本病院薬剤師会東海ブロック・
日本薬学会東海支部 合同学術大会2016
愛知 佑香 POT法を用いた緑膿菌およびMRSAの病棟内伝播と手指消毒薬の使用量に関する検討 第70回国立病院総合医学会
平野 隆司 名古屋医療センターにおける臨床研究審査体制と審査委員会事務局業務 第70回国立病院総合医学会
柴田 久美子 CRC補助員の教育・研修と業務分担について 第70回国立病院総合医学会
加藤 万理 名古屋医療センターにおけるドルテグラビル中止例の検討 第30回日本エイズ学会学術集会・総会
平野 淳 脂質異常症の改善を目的としたドルテグラビルを含む抗ウイルス療法の有効性に関する検討 第30回日本エイズ学会学術集会・総会
戸上 博昭 UGT1A1遺伝子多型のドルテグラビル血中濃度に及ぼす影響に関する研究 第30回日本エイズ学会学術集会・総会
平野 淳 長期療養とHIV感染症 ~薬剤師にできることは?~ 第3回 抗HIV療法ブラッシュアップセミナー
加藤 万理 「エイズ発症例が入院した」 平成28年度 第2回東海ブロック多職種合同HIV研修会
戸上 博昭 『全身倦怠感を主訴に来院した若年男性への対応』 平成28年度愛知県病院薬剤師会
感染制御部会・HIV部会合同学術講演会
堀沢 知世 高用量メトトレキサート療法におけるプロトンポンプ阻害剤併用の血中濃度に与える影響 第6回日本臨床腫瘍薬学会学術大会
井上 裕貴 育てていこう!かかりつけ薬剤師が活躍する社会
電子カルテ連携機能を利用した 薬薬連携の取り組み -金鯱メディネットを利用したかかりつけ薬局との連携- 
第6回日本臨床腫瘍薬学会学術大会
シンポジウム11
井上 裕貴 電子カルテの閲覧による調剤の質の向上と薬剤師 病院薬剤部の立場 第49回 日本薬剤師会学術退会
シンポジウム9
井上 裕貴 薬剤情報管理共有シートを用いた C型肝炎経口療法における 病診薬連携の取り組み 東海薬物療法研究会
井上 裕貴 薬剤師の乳がん患者さんへの シームレスな介入を目指して 第6回名北乳腺の会
井上 裕貴 末梢神経障害アンケート結果を踏まえて がん治療ステップアップセミナー
井上 裕貴 地域医療構想を見据えて
実践している患者本位の薬薬連携
~国立病院機構 名古屋医療センターと
その処方箋を応需する保険薬局で行われている
  電子カルテ共有について~
大塚製薬e講演会

2015年度学会発表

平野淳 ロチゴチン貼付剤による皮膚反応の発生率および対処法についての検討 第56回日本神経学会学術大会
井上裕貴 薬剤情報管理共有シートを用いたダクルインザ・スンベプラ併用療法における病診薬連携の取り組み 第25回日本医療薬学会年会
林誠 がん化学療法における薬剤師レジメン遵守介入の有効性の検討 第25回日本医療薬学会年会    
平野淳 ダプトマイシン投与によるCK上昇と血漿中濃度に関する検討 第25回日本医療薬学会年会    
佐藤菜月 ラモトリギンの適正使用における有害事象調査 第25回日本医療薬学会年会    
戸上博昭 抗HIV療法初回導入の動向調査 日本病院薬剤師会東海ブロック・日本薬学会東海支部合同学術大会2015
加藤万理 抗HIV療法変更に関する実態調査と今後の課題 日本病院薬剤師会東海ブロック・日本薬学会東海支部合同学術大会2015
加藤万理 慢性腎臓病の進行とともに血中etravirine濃度の低下を認め透析導入時に治療変更を要したHIV陽性血液透析患者の1例 第29回日本エイズ学会学術集会・総会
戸上博昭
福島直子
加藤万理
平野淳
今村淳治
蜂谷敦子
岩谷靖雅
松本修一
横幕能行
名古屋医療センターにおけるDolutegravirとRilpivirineによるNRTI sparing regimenの有用性の検討 第29回日本エイズ学会学術集会・総会
平野淳 HIV母子感染予防対策における抗HIV療法の実施状況とその有効性および安全性に関する検討 第29回日本エイズ学会学術集会・総会
福島直子 名古屋医療センターにおける透析導入時及び腎移植時の抗HIV剤の選択と有効性に関する調査 第29回日本エイズ学会学術集会・総会
佐藤舞 ベバシズマブによる尿蛋白検査の実施状況と発現因子の検討 日本臨床腫瘍薬学会学術大会2016
森下拓哉 トリフルリジン・チピラシル塩酸塩の使用状況と有害事象に関する調査 日本臨床腫瘍薬学会学術大会2016
井上裕貴 生物学的製剤開始後にCA 19―9 が著明な高値を示した大腸癌の1症例 日本臨床腫瘍薬学会学術大会2016
水谷実花 がん薬物療法時のB型肝炎ウィルス再活性化予防のためのスクリーニング検査の現状調査  日本臨床腫瘍薬学会学術大会2016
Masaaki Takahashi The pharmacokinetic profiles of dolutegravir in Japanese HIV-1 infected patients 8th IAS Conference on HIV Pathogenesis, Treatment and Prevention (IAS 2015)
平野 淳 ダプトマイシン投与によるCK上昇と血漿中濃度に関する検討 第25回日本医療薬学会年会

 

2014年度 学会発表

宮澤 憲治 Importance of maintaing the relative dose intensity of bendamustine combined with rituximab with relapsed or refractory indolent NHL. 第12回日本臨床腫瘍学会
Ayumi Nakamura Cost benefit of aprepitant in patients receiving high-dose chemotherapy prior to autologous peripheral blood stem cell transplantation the 2014 American Society of Clinical Oncology Annual Meeting
中村あゆみ Clinical and cost benefit of aprepitant in patients receiving high-dose chemotherapy prior to autologous peripheral blood stem cell transplantation 第12回日本臨床腫瘍学会学術集会
中村あゆみ Cost benefit of aprepitant in patients receiving high-dose chemotherapy prior to autologous peripheral blood stem cell transplantation 第76回日本血液学会学術集会
森下拓哉 緑膿菌の同一POT型検出病棟と手指消毒薬の使用量との関係 第24回日本医療薬学会年会