非常勤流動研究員募集
(データ解析・プログラミング・バイオインフォマティクス)

《先端的な技術を用いた遺伝子データ解析のお仕事!》
バイオに関する知識の有無は不問。
  プログラミング経験を活かせます。
  週32時間の勤務、シフトは相談に応じます。

次世代シーケンサーから出力される膨大な配列データを
処理するパイプラインの実行・開発ならびに
応用研究を担う流動研究員を募集します。

※募集人数:1名(適任者の採用が決まり次第、募集を締め切ります)

〈業務内容〉
次世代シーケンスから得られる生データを
既存の解析ソフト・パイプラインを用いて
ゲノム異常(遺伝子変異・染色体構造異常など)
を検出します。

既存の解析ソフトを複数組み合わせることにより
新しいプログラムを開発し(解析ツールの作成)、
多数例の臨床検体を用いてその解析を実施していきます。
また、データサーバーの管理を行います。

名古屋医療センター臨床研究センター高度診断研究部では、
白血病などの腫瘍性疾患を対象とした
先端的な遺伝子解析技術を通じて、
分子診断や新規治療標的分子の探索など、
臨床応用を目指した研究を行っています。

雇用形態 非常勤職員
雇用期間 1年度ごと(4月1日〜3月31日)の契約更新
※契約更新は3回目まで。ただし、3回契約更新(3年雇用)後に、
再度採用試験(面接)を受けていただければ、更新が可能
応募条件

理系分野の大学院卒(修士または博士課程)
Linuxの使用経験ならびにプログラミングの経験があること。

〈求める人物像〉
データ解析(バイオインフォマティクス)に
興味を持って仕事ができること。
※専門知識があれば尚可
他の職員と協調して、業務を遂行する能力があること。
バイオに関する知識の有無は問いません。

給与

時給2590円

〈収入例〉
時給2590円×週32時間×4週=月収33万1520円

勤務時間

週32時間、勤務日・シフトは応相談

〈勤務時間例〉
週4日・1日6時間(10:30~17:00)+
週1日・1日8時間(8:30~17:30)

休日休暇

土日祝日休み

福利厚生・待遇 ·  通勤手当実費支給(上限55,000円/月)
·  健康保険、厚生年金保険、雇用保険に加入あり
勤務地

愛知県名古屋市中区三の丸4-1-1
国立病院機構名古屋医療センター臨床研究センター高度診断研究部

<アクセス>
地下鉄名城線「市役所駅」徒歩1分
名鉄瀬戸線「東大手駅」徒歩5分
市バス・名鉄バス「市役所」バス停下車徒歩1分
※車通勤不可

その他・PR

当センターでは白血病などの腫瘍性疾患を対象とした
先端的な遺伝子解析技術を駆使した分子病態の解明を目指しています。
分子学的診断や新規治療標的分子の探索など、
研究の成果を臨床に応用することが可能です。
造血器腫瘍の癌ゲノム医療(クリニカルシーケンス)を
中心的に行っている施設です。

ゲノム医療は新しい分野として、今後、産官学において
ニーズが高まると期待されている新しい領域です。

バイオ系の研究者との交流によりバイオの背景を理解することが可能となり、
バイオインフォマティクス分野での活躍ができます。

プログラミング知識を活かして新しい分野、
先端医療分野で活躍してみたい方は歓迎いたします。

なお、勤務は週32時間で、勤務シフト等は相談に応じます。
ご自身の希望に合わせて調整可能です。
更新により長期勤務も可能ですので、じっくり研究をしたい方も
ぜひご応募ください。

応募の流れ

·  選考方法
書類選考及び面接(書類選考後、随時面接の必要な方に連絡いたします)

写真付き履歴書(職務経歴書)、業績(英文原著、著書、邦文原著、
著書、総説、学会発表など)を記載した上で、「流動研究員応募」と明記のうえ、
下記の送付先まで郵送してください。
(詳細はお問い合わせください。応募書類は返却しません)

·  応募書類送付先
〒460-0001 愛知県名古屋市中区三の丸4-1-1
国立病院機構名古屋医療センター臨床研究センター臨床研究事業部研究管理室

<お問い合わせ>
電話でのお問い合わせ
052-951-1111 まで
メールでのお問い合わせ
takahiko.yasuda@nnh.go.jp
(採用担当:臨床研究センター 高度診断研究部 安田貴彦)