社団法人
日本脳卒中協会愛知県支部
 The Japan Stroke Association
 ホーム  ご挨拶  脳卒中とは?  関連サイト  お問合せ  脳卒中なんでも相談室

◇愛知県支部について

 愛知県支部は日本脳卒中協会支部の一つとして2008年4月に設立されました。脳卒中に関する正しい知識の普及、再発防止の取り組みなどを通し、愛知県民の健康・福祉の向上に寄与することを目的としています。また地域の大学、病院、開業医の先生方と連携し、地域における脳卒中診療体制の充実を目指していきたいと考えています。

支部長  さくら総合病院 名誉院長 吉田 純
副支部長 国立病院機構名古屋医療センター 副院長 奥田 聡
副支部長 名古屋大学医学部脳神経外科 教授 若林 俊彦
事務局  国立病院機構名古屋医療センター脳神経内科

◇支部長挨拶

さくら総合病院 名誉院長 吉田 純

みなさんこんにちは。
日本脳卒中協会愛知県支部ホームページへアクセスいただきありがとうございます。
 脳卒中は日本人の死因第3位、高齢者の寝たきり原因の第1位で、誰もが避けては通れない病気です。治療法、予防法の進歩により、昔に比べて脳卒中で亡くなられる方の割合は減ってはいますが、障害を抱えての生活を余儀なくされる方は増えています。私たち日本脳卒中協会愛知県支部では様々な取り組みを通し、脳卒中発症や再発の予防を推進し、障害を持った方々が少しでも不安なく暮らせるよう努力して行きたいと考えています。