血液内科の概要

血液内科は血液疾患を専門に治療する診療科です。血液疾患というとあまり聞きなれないかもしれませんが、赤血球、白血球、血小板などが血液の成分が異常値を示したり、リンパ節が腫れたりする病気の多くが含まれます。具体的には各種貧血、血小板の減少(再生不良性貧血や特発性血小板減少症などの厚生労働省特定疾患も含みます)などから急性白血病、慢性白血病、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫、骨髄異形成症候群まで幅広く診療しています。また、血液が固まりにくくなる血友病などの凝固異常症も診察しています。化学療法、造血幹細胞移植、放射線療法、輸血療法などを一人一人の病状に合わせて行っています。

 

特色

白血病・悪性リンパ腫・多発性骨髄腫・骨髄異形成症候群を中心に化学療法、造血幹細胞移植を行っています。これらの治療には高度な技術を必要とします。十分な経験と知識を持った医師が中心となりチーム医療として行っています。また血液病棟では無菌室を10室整備しています。造血幹細胞移植については日本骨髄バンクおよび臍帯血バンクネットワークの認定施設となっており、小児科と細胞療法チームを構成し積極的に行っております。また、多くの治験にも参加しており、本邦で未承認の新規薬剤を用いた治療も十分な管理体制の上に行っております(詳しくは治験管理室のサイトを参照ください)。当科は名古屋地域だけではなく全国の血液内科との共同研究や情報交換、また海外の学会への参加を通し、標準治療から最新の治療法まで最適の治療法を提供しています。治療法の選択に際しては患者さんと十分に話し合ったうえで納得していただき決定していきます。血液疾患は全身の病気と言われ、化学療法や移植療法は治療期間や経過観察も長くなる傾向もあります。このような治療を患者さんが安心して受けることができる環境を病棟・外来一丸となって作り上げています。

 

臨床実績

新規入院患者数

  平成24年度 平成25年度 平成26年度 平成27年度
悪性リンパ腫 47 55 63 65
急性白血病 20 22 22 26
多発性骨髄腫 11 16 12 7

移植件数

  平成24年度 平成25年度 平成26年度 平成27年度
自家末梢血造血幹細胞移植 9 9 3 6
血縁同種骨髄移植 2 5 4 2
血縁末梢血造血幹細胞移植 2 0 0 3
非血縁同種骨髄移植 8 12 5 9
非血縁臍帯血移植 3 7 13 9
非血縁同種末梢血造血幹細胞移植 0 0 1 1