消化器内科の概要

消化器内科は昭和43年に設立された歴史ある診療科であります。食道から十二指腸にいたる上部消化管、小腸、直腸・結腸を含む下部消化管、ならびに肝、胆、膵の診断、治療を行っています。進行食道癌、進行胃癌、肝癌治療などのがん治療、早期がんの内視鏡的治療を中心として、胃潰瘍、感染性腸炎、肝炎などの比較的軽症な疾患から消化管出血、イレウス、急性腹症など救急疾患、また難病に指定されている潰瘍性大腸炎、クローン病など消化器系のすべての疾患に対応できる診療科であります。消化器専門医、内視鏡専門医、肝臓専門医、内科専門医、がん治療認定医と消化器の各分野の専門医と救急を主体に活躍する若手医師により毎日忙しく診療をしています。

 

特色

食道および胃の高度進行がん治療と食道胃静脈瘤の内視鏡的治療は東海地区のパイオニア的存在であり、独自の治療法を発案し診療しています。治療経験、成績、業績においては全国でトップクラスであり、他病院からも多くの患者さんが紹介されています。粘膜に限局する消化管の早期がんは内視鏡で切除します。消化器難病に指定されている潰瘍性大腸炎、クローン病に関しては白血球除去療法をいち早く導入し、C型慢性肝炎に対してはインターフェロン療法を積極的に行い、難治例には血漿交換によるウイルス除去療法を行います。小さな肝臓癌は手術しないでラジオ波で治療しています。 カプセル内視鏡、virtual endoscopy、拡大内視鏡などの最先端医療を積極的に導入しています。私どものスタッフはほとんどが名古屋医療センターの研修医卒業生であるためチームワークが良く、若手医師も多いため大変フットワークが優れた診療科です。

 

臨床実績

入院患者数

病名 平成24年度 平成25年度
実患者数 延べ患者数 実患者数 延べ患者数
食道がん 33 66 31 74
胃がん 61 78 69 88
大腸がん 42 51 52 55
肝がん 63 102 77 130
胆道がん 15 24 27 38
膵がん 23 34 34 52
合計 237 355 290 437

 

化学療法

病名 平成24年度 平成25年度
実患者数 延べ患者数 実患者数 延べ患者数
食道がん 19 193 14 228
胃がん 19 107 11 87
大腸がん 2 14 2 2
肝がん 35 63 45 78
胆道がん 5 51 4 12
膵がん 12 112 8 80
合計 92 540 84 487

 

内視鏡検査件数

  平成24年度 平成25年度
上部消化管 4312 4367
下部消化管 2263 2582
内視鏡的腫瘍切除術 212 242
ERCP(ステント挿入、乳頭切開術、総胆管結石除去など含む) 217 236
消化管狭窄拡張術 41 29
緊急消化管止血術 156 129
食道・胃静脈瘤治療 41 20
内視鏡的胃瘻造設および交換術 133 168
カプセル内視鏡 18 33