外科の概要

当科は消化器外科(上部消化管、下部消化管、肝胆膵)と一般外科の担当です。それぞれの消化器外科専門医が中心となって専門チームを形成しています。当院はがん診療拠点病院であるとともに全国がん(成人病)協議会に所属しており、標準的ながん手術治療を多く行っています。肝胆膵外科領域に関しては肝胆膵外科学会より、高度技術認定施設として認定されています。主な年間手術件数は胃がん50例、大腸がん110例、肝胆膵領域がん 70例、胆石 100例、虫垂炎40-50例、ヘルニア130例です。また救急病院として腹膜炎、腸管穿孔、腸閉塞、外傷などを対象として、約130例以上の緊急手術を行っています。がんの術後には早期に退院できるように在宅医療やがんリハビリ、栄養指導も積極的に導入し、また術後の抗がん剤治療も積極的に行っています。

 

特色

胃外科では胃癌ガイドラインに従い、開腹D2手術を基本としていますが、早期癌症例には腹腔鏡下の胃切除を積極的に行っています。一方高度進行胃癌に対しては新規抗癌剤を用いた術前化学療法を加えることにより、予後改善を図っています。 大腸外科では腹腔鏡下の大腸切除がほとんどとなり、低侵襲手術に移行しています。大腸癌の化学療法は欧米と同様な標準治療が可能になっており、データに基づく最先端医療だけでなく学会活動、講演会などで普及に努めています。肝臓外科では、原発性、転移性を問わず、安全面に留意して積極的に肝切除を施行しています。膵臓手術は年間30例で合併症に注意しながら安全な手術を心掛けています。腹腔鏡下の鼠経ヘルニア、瘢痕ヘルニアも積極的に導入しています。昨年度は肝胆膵外科の高難度手術は51例となりました。

 

臨床実績

外科手術実績(件数)

    腹腔鏡 開腹
胆石症手術 95 76 19
結腸直腸癌 109 93 16
胃癌 52 21 31
虫垂炎手術 46 24 22
肝癌手術 33 0 33
食道癌 3 0 3
  ・その他 3 0 3
膵臓癌 23 0 23
胆嚢・胆管癌 10 1 9
ヘルニア手術 137 61 76
  ・鼠径部ヘルニア手術 118 53 65
  ・大腿ヘルニア手術 7 2 5
  ・臍ヘルニア 6 2 4
  ・瘢痕ヘルニア 5 4 1
  ・その他ヘルニア 1 0 1