リハビリテーション科の概要

リハビリテーション科では病気や怪我などで障害を負った方々や入院中に呼吸機能低下や四肢筋力低下等の合併症が懸念される方々のために、医師の指示のもできるだけ早期より身体機能や病態に合わせたリハビリテーションを行い、それぞれの患者さんの生活に必要な動作や機能獲得の包括的な支援をさせていただきます。治療は次の3分野に分けて行われます。

  理学療法:主に機能改善や歩行練習
  作業療法:主に日常生活動作練習・高次脳機能の評価、訓練
  言語聴覚療法:主に言葉や摂食・嚥下機能の改善

当院リハビリテーション科を受診されている患者さんでは、神経疾患(脳梗塞、脳出血など)、整形疾患(大腿骨頸部骨折、人工関節など)、内部疾患(肺炎、呼吸不全、心不全、心筋梗塞など)を患っておられる方が多く、手術、薬物療法と合わせて廃用症候群の予防、早期離床、早期退院を目指しリハビリテーションを提供させていただいています。また、継続したリハビリテーションが必要な患者さんには回復期リハビリテーション病院等への円滑に移行できるように、脳卒中や大腿骨頸部骨折において地域医療施設との連携を密にしています。また、治療・訓練以外にも糖尿病、栄養サポートチーム(NST)、呼吸サポートチーム(RST)、褥瘡回診、緩和ケアなど、チーム医療へも積極的に参加しています。

 

特色

急性期リハビリテーションの充実
– 病棟配属型リハビリテーションと専門性の向上 –

 当院では、急性期医療の一環として平成24年度より病棟配属型リハビリテーションを導入しており、救命救急センター、神経内科病棟、脳神経外科病棟、整形外科病棟、心臓血管センター並びに呼吸器病棟、他科に専従または専任の療法士・聴覚士を配属し、現在、理学療法士(PT)24名、作業療法士(OT)11名、言語聴覚士(ST)14名、マッサージ師1名の51名の体制で、チーム医療を担っています。
 平成29年度は、病棟配属型リハビリテーションを推進するとともに、各療法における専門性の向上を図ることを目標に、1)救急救命センターでのPT複数性の導入、2)救急救命センターにおける土曜診療の実施、3)卒後教育モデルの推進などリハビリの充実・質の向上、チーム医療の推進、医療事故の防止、在院日数の短縮などを図りながら、患者さんに満足していただける医療が提供できるように努力してまいります。
リハビリテーション科

 

臨床実績

H28年度実績

1.新患依頼件数
新患依頼件数は、H28年度の新患依頼件数の1日平均は理学療法:16.9件、作業療法:7.1件、言語聴覚療法:8.5件、前年度比は各105%、101%、110%であった。(図1)。

図1:新患依頼件数の棒グラフ

 

2.診療単位数及び診療点数
診療単位数は、前年度比で理学療法 103.2%、作業療法88.1%、言語聴覚療法 92.9%となり、全体として97.3%となった。診療点数については、全体として100.1%であった。(表1)

(外来・入院) 外来 入院 入外合計 (療法別内訳) 理学療法 作業療法 言語聴覚療法
診療単位数 1,598 154,523 156,121 診療単位数 89,930 33,544 32,647
前年度比(%) 84.1 97.5 97.3 前年度比(%) 103.2 88.1 92.9
診療点数(千点) 396 42,129 42,524 診療点数(千点) 22,766 8,962 10,797
前年度比(%) 84.6 100.3 100.1 前年度比(%) 106.8 90.5 95.9

表1:入外・部門別の診療単位数および診療点数

 

3.依頼診療科別単位数
脳外科の脊柱、脊髄疾患を今までは全て脳血管で算定していたものを、査定を受けたのをきっかけに脊柱の疾患は運動器リハに切り替えた事で減少していると思われる。運動器は運動器不安定症での算定していたものが、がんリハに移行した影響や単純に運動器不安定症が減少したことが影響していると考えられる。全体的には入院期間が短くなり、病状が安定して単位数を伸ばす時期に回復期病院に転院する傾向が強まっている。がんリハは算定病棟が増加したことより増えている。
6)診療科別単位数:整形外科は担当療法士を増やしたことで増加しており、脳外科はパーキンソン病の検査や治療で、その他、呼吸器内科、総合内科は増加した。(表2・図2)

  科別単位数 前年度比(%)
整形 5,563 107.7
神内 8,961 91.8
脳外 8,954 109.8
外科 1,526 62.0
呼吸器内科 4,106 137.9
循環器内科 3,248 96.9
総合内科 2,211 109.3
その他内科 5,893 90.6
耳鼻科 362 65.9
歯科口腔外 0 0.0
小児科 749 84.5
他科※  613 98.9
※他科:皮膚科、泌尿器科等

表2:診療科別診療単位数

図2:各部門別の診療科割合

 

4.聴力検査の実績
STが耳鼻科での業務として行っている聴力検査の件数(平成28年4月~平成29年4月)は2553件、総点数は827,770点となった。聴覚検査の内容としては、自覚的聴力検査(標準純音聴力検査等)、他覚的聴力検査(チンパノメトリー、耳小骨筋反射検査等)、脳誘発電位検査(脳幹反応聴力検査等)が上げられる。

 

新人教育研修・院内活動への参加など

平成24年度5月より病棟配属となり、新人教育においても新しい試みを行っています。神経内科、脳神経外科、整形外科、呼吸循環器、救命救急センター、他科の6部門を異動しながら、包括的な知識と技術の習得を目指しています。また、病院の研修としてBLS・AED研修等に参加したり、院内の医師による講義、各病棟の勉強会、毎週科内での症例検討・勉強会を実施するなど、幅広い知識の獲得できるように取り組んでおります。また、医療安全推進活動や災害訓練、院内行事などにも積極的に参加しております。