歯科口腔外科の概要

 「口腔外科学」は歯科医学の一分野ですが、対象とする疾患は口腔領域の先天奇形、智歯(親知らず)、顎顔面領域の炎症、外傷、顎顔面骨骨折、唾石症などの唾液腺に関わる疾患、そして口腔領域に発生した良性や悪性腫瘍(口腔がん)など様々です。また、保存的治療が主体ですが顎関節症や口内炎などの口腔粘膜疾患、味覚の異常なども診療の対象です。言い換えればう歯(虫歯)や歯周炎などの一般的な歯科疾患を除く口腔領域全般の疾患を扱うと言えます。本院のような「歯科口腔外科」は口腔領域における二次医療施設であり、基本的には一般開業歯科医院などから紹介いただくことになっています。ほとんどの口腔外科疾患の診療に対して当科で完結するように努めていますが、まれな疾患で対応が困難なものについては名大病院等との連携を図っています。逆に、う歯や歯周病のように必然的に一般歯科医院での治療が適切と判断されるような時には、当科から紹介させていただきます。なお、通常の歯科治療でも全身的疾患などにより一般の歯科医院での治療が困難な場合には可及的に対応しています。ちなみに当科は日本口腔外科学会認定研修施設、日本有病者歯科医療学会研修施設に認定されています。

 

特色

最もポピュラーな智歯の抜歯から口腔がんまで、十分なインフォームドコンセントを得ることが大切と考えています。特に口腔がんにおいては、構音機能、咀嚼、嚥下機能への影響、顔貌の変化などの後遺症も十分考慮しなければいけません。それゆえ、治療方針を決めるにあたっては単純に寿命を伸ばすことだけではなく、後遺症を予測し、生活の質に対する影響を理解していただくことが重要と考えています。
当科は歯科領域と医科領域の架け橋もしくは調整役も果たしています。全身疾患の種類や程度、治療内容によっては通常の歯科治療を受ける時に注意が必要になるからです。例えば骨そしょう症の治療薬であるビスフォスフォネート系の薬剤を投与されている方や循環器疾患などのため血液を固まりにくくする薬(ワーファリンやバイアスピリンなど)投与されている方の抜歯なども少々注意が必要です。これらのような治療を受けてみえる方の医療情報を十分把握して、安全な歯科治療を受けるための相談や協力をさせていただきます。
さて、「閉塞性睡眠時無呼吸症候群」という疾患名を耳にされたことがあると思いますが、本人の健康を害するのみではなく、いねむり運転の原因として社会的影響も及ぼしかねない疾患です。その治療法の一つに口腔内装置の装着があります。その製作も当科では積極的に対応しています。ただし、その製作にあたっては、正確な診断が必要であり、本院では神経内科(睡眠センター)を先に受診していただきます。あるいは、他の医療機関にて検査済の場合には診療情報提供書を持参して歯科口腔外科に受診していただいても結構です。ちなみに口腔内装置の製作は保険適応であり、軽症、中等症の閉塞性睡眠時無呼吸症候群での効果は60~70%程度です。

 

医療関係者の方へ

当科は厚生労働省歯科医師卒後臨床研修施設に認定されていますが、診療の特色を踏まえた臨床研修を行っています。歯科医師卒後臨床研修については下記アドレスまでお問い合わせください。
E-mail:oral@nnh.hosp.go.jp

歯科医師卒後臨床研修施設

 

臨床実績

2015年診療実績

  • 初診患者数 2,108名
  • 紹介患者数  662名

初診の疾患別症例数

先天異常・発育異常 21
外傷 顎骨骨折 28
歯の損傷 40
軟組織損傷折 56
炎症 顎骨炎 49
歯性上顎洞炎 12
インプラント周囲炎 5
粘膜疾患等 口腔乾燥症 57
口腔粘膜疾患 139
嚢胞 36
良性腫瘍 52
悪性腫瘍 10
顎関節疾患 125
神経性疾患 10
唾液腺疾患 7
歯の疾患 埋伏智歯・智歯周囲炎 343
歯周疾患等 397
周術期口腔機能管理 183

 

入院手術症例

埋伏智歯 132
多数歯抜歯等 23
顎骨骨髄炎・蜂窩織炎 1
顎骨骨折 5
嚢胞・良性腫瘍 22
悪性腫瘍(口腔がん) 7
その他 18