乳がん

早期乳がんは手術に加えて、術前や術後に補助薬物療法が必要になることが多いです。進行例では薬物療法が治療の主体となります。乳腺外科とは乳がんカンファレンスで情報共有しつつ、術前・術後の化学療法と進行・再発例の治療を担当しております。
手術後にホルモン療法のみが推奨される方以外は原則、腫瘍内科で薬物療法を行っております。薬物療法の種類は病理診断結果、ホルモン受容体・HER2タンパクの有無、年齢・月経の有無、患者さんの希望に応じて、ホルモン療法のみ、化学療法のみ(トリプルネガティブタイプ)、ホルモン療法+化学療法、ホルモン療法+化学療法+抗HER2療法、化学療法+抗HER2療法の中から選択されます。化学療法は再発リスクに応じて、TC療法、FEC療法+ドセタキセル療法のほか、ドーズデンス化学療法(dose dense EC療法+ウィークリーパクリタキセルもしくはdose dense パクリタキセル療法)を取り入れ、患者さんごとに使い分けております。抗HER2療法はリンパ節転移の有無に応じてトラスツズマブ/ハーセプチンのみ、もしくはペルツズマブ/パージェタ併用療法を行っています。今後は、術前化学療法の発展によりさらに、個別化・複雑化が進むことが予想されます。当院は放射線治療装置・放射線治療科がございますので、自施設にて補助放射線療法が可能です。
進行・再発例ではホルモン受容体の有無、HER蛋白の有無、BRCA遺伝子変異の有無、PD-L1発現の有無(トリプルネガティブタイプに限る)といった腫瘍の特徴と病気の広がりや状況、患者さんの希望を総合して治療を決めています。治療には従来型の抗がん剤(アンスラサイクリン、パクリタキセル、ドセタキセル、S-1、カペシタビンなど)、抗HER2薬(トラスツズマブ/ハーセプチン、ペルツズマブ/パージェタ、T-DM1/カドサイラ、トラスツズマブ・デルクステカン/エンハーツ)、血管新生阻害薬(ベバシズマブ/アバスチン)、免疫チェックポイント阻害薬(アテゾリズマブ/テセントリク)、ホルモン療法薬(レトロゾールやアナストロゾールなどのアロマターゼ阻害薬、タモキシフェン、フルベストラントなど)を使用します。ホルモン療法では分子標的薬であるCDK4/6阻害薬(パルボシクリブ/イブランス、アベマシクリブ/ベージニオ)、エベロリムス/アフィニトールなどを併用することがあります。進行・再発例の治療成績は徐々に改善しつつあり、また、サポート体制の工夫によってほとんどが通院で、家事や仕事を続けながらの継続が可能になりつつあります。