救急集中治療科の概要

名古屋医療センター集中治療科は、平成24年8月1日に開設されました。主に救命救急センターICUに収容された急性期重症患者の全身管理を各診療科との連携の元行っております。

 

特色

名古屋医療センターは救命救急センターを有し名古屋市中心部の3次救急医療機関としての役割を担っています。集中治療医学は“内科系・外科系を問わず、呼吸・循環・代謝など包括的に患者の生理・病態生理を把握・診断して、各種の急性臓器不全に対し、総合的・集中的に治療を実践して回復させることを目的とする医学であり、重症患者の社会復帰率を上げ、入院期間を短縮し、他の多くの医師が救命が困難であると思っている患者を救命に結びつけることを目指します。
診療の質向上のために、症例検討会を毎日行っています。