遺伝診療科の概要

 「遺伝診療科」では、遺伝に関わる悩みや不安、疑問などを持たれている方々、ご本人が遺伝に関する病気の可能性がある方やそのご家族のご相談を専門にお受けしています。臨床遺伝専門医と認定遺伝カウンセラーが、十分な時間をとって遺伝に関する情報を提供し、一緒に考えていきます。受診中の診療科があれば連携し、領域横断的な包括的診療を行うこともできます。

【がんと遺伝】
 最近では、がんのおよそ5~10%は遺伝が関わっていることがわかってきました。
「家系内に複数のがん罹患者がいる」、「複数のがんの既往がある」、「若年発症である」といった場合、遺伝性の腫瘍の可能性が高くなります。主な遺伝性腫瘍として、遺伝性乳がん卵巣がん(HBOC)、リンチ症候群)、リ・フラウメニ症候群などがあり、当院で遺伝学的検査を受けることが可能です。HBOCに対するPARP阻害薬(リムパーザ™)や、リンチ症候群に対する免疫チェックポイント阻害薬などのように、遺伝性腫瘍を正しく診断し、その情報を有効に活用すれば、遺伝性腫瘍の診断が治療に直結する時代になりました。
遺伝性腫瘍の可能性がある場合は、その遺伝性腫瘍の特徴・診断・検診の方法などについて説明し、遺伝学的検査を行うかどうか、検査の利点・欠点を含め一緒に検討します。遺伝性かどうかははっきりしない場合でも、「がんが次の世代に遺伝しないか心配」「家系にがんにかかった人が何人かいるけど、遺伝が関係しているのだろうか」
遺伝学的検査を行う、行わないにかかわらず、病気の診断・治療・検診、ご家族への影響について、患者さんやご家族と共に考え、最良の選択を支援いたします。

 

特色

当院の遺伝カウンセリングは、日本人類遺伝学会が認定している臨床遺伝専門医・認定遺伝カウンセラーが担当いたします。
・院内各専門診療科との連携の下、病気と遺伝のことについて、ひとりひとりに合った最新かつ正確な情報提供を行います。
・静かな個室で、治療、健康管理(検診)、遺伝学的検査などの選択肢について、その内容やどのように選んで決めるとよいかを一緒に考えます
・わかりやすく、ていねいに、納得がいくまで説明や相談を行います
・さまざまなサポートが必要なときには、他の専門家への窓口となります
・プライバシーや秘密は厳重に守られます

*なお、遺伝カウンセリングは完全予約制・自費診療となりますので、詳しくは遺伝カウンセリング外来のご案内をご覧ください。