指導医紹介

医師としての貴重な最初の第一歩を
名古屋医療センターの温かな研修環境の中でスタートしませんか。

卒後教育研修センター長
   プログラム責任者
 救急集中治療科 近藤 貴士郎

私が当院ERに赴任したときのこと。各診療科の医師がみな救急に協力的で、研修医への教育も熱いことに感銘を受けました。その場でフィードバックがあり、ERでミニレクチャーが始まり・・・もともと熱心な教育文化が根付いていると感じました。

毎年、全国各地の大学から研修医が集まり切磋琢磨しています。後期研修では初期から引き続き残る人が多く、若手医師から研修医にありがちな疑問を学ぶことができます。

国立病院ですから臓器別専門科も揃っていて、さらに総合内科、腫瘍、膠原病、ER、ICUなど横断的に学ぶことも可能です。救急患者は年々増加して市中感染症から外傷までcommon diseaseも多く、得られる経験は量・質ともに十分です。ぜひ当院での研修をお待ちしています。

 

副卒後教育研修センター長
総合内科 安藤 諭

副卒後教育研修センター長
呼吸器科 小暮 啓人

卒後教育研修センター指導医
外科 宇田 裕聡

卒後教育研修センター指導医
腎臓内科 谷口 容平

卒後教育研修センター指導医
救急集中治療科 自見 孝一朗