専門研修プログラムについて(専攻医募集要項)

名古屋医療センターでは、新たな専門医制度に準拠した研修を3つの基本領域診療科(内科・外科・
眼科)で基幹施設として行い、専攻医を募集しています。
なお、その他のほとんどの領域は他施設の基幹プログラムへ連携しています。詳細は各診療科紹介を
ご確認下さい。

●当院の基幹プログラム

        

●連携施設として研修を行い、専攻医を募集している診療科

内科 総合内科 感染症内科 腎臓内科 膠原病内科
糖尿病・内分泌内科 血液内科 脳神経内科 呼吸器内科
消化器内科 循環器内科 腫瘍内科
  精神科 小児科 放射線科 リハビリテーション科
麻酔科 病理診断科 救急集中治療科 外科
整形外科 脳神経外科 皮膚科 泌尿器科
眼科 耳鼻いんこう科・頭頸部外科  

⇒連携施設として研修を行う場合は、各診療科によって募集状況が異なりますので、一度お問い合わせ下さい。

基幹プログラム募集要項

募集診療科 内科、外科、眼科     
募集定員 各プログラムに記載
研修期間 2020年4月1日~2023年3月31日(3か年)
応募資格 2020年3月に、医師免許取得後2年以上の初期研修修了見込みの医師
または修了した医師 ※事前に病院見学 及び面談を受けていること
選考日 2019年8月28日(水)13:00~
※設定した選考日が難しい場合はご相談ください。調整いたします。
選考方法 書類審査及び面接
出願書類 1. 専攻医願書兼履歴書(当院指定様式
2. 初期臨床研修病院院長もしくは初期臨床研修プログラム責任者の推薦状
3. 医師免許証の写し
4. 保険医登録票の写し
5. 初期臨床研修修了登録証の写し(該当者のみ)

●身分及び処遇

身 分 期間付常勤職員
給 与 当院在籍 月額基本給 年収実績例(賞与及び諸手当等含む)
1年目 394,000円 680万~1,000万円
2年目 414,700円 700万~1,050万円
3年目 435,500円 1,000万~1,375万円
休 暇 年次休暇等の有給休暇、慶弔休暇、リフレッシュ休暇、その他当院の規定に準ずる
宿 舎 あり(単身、世帯)※空き状況による
福利厚生 社会保険、厚生年金、雇用保険、敷地内院内保育所など

□内科専門研修プログラム

統括責任者 副院長 奥田 聡     
募集定員 11名(予定)
研修内容 内科専門研修プログラム(PDF)
連携施設 名古屋大学医学部附属病院、名古屋第一赤十字病院、中部労災病院、国立
病院機構東名古屋病院、名古屋セントラル病院、総合上飯田第一病院、
名古屋市立大学病院、名古屋市立西部医療センター、愛知医科大学病院、
藤田医科大学ばんたね病院、国立病院機構静岡医療センター、新城市民病院
採用実績 2018年度 8名
2019年度 5名

□外科専門研修プログラム

統括責任者 副院長 竹田 伸     
募集定員 4名(予定)
研修内容 外科専門研修プログラム(PDF)
連携施設 江南厚生病院、名古屋セントラル病院、名鉄病院、岡崎市民病院、国立
病院機構豊橋医療センター、国立病院機構東名古屋病院、名古屋大学医
学部附属病院
採用実績 2018年度 2名
2019年度 2名

□眼科専門研修プログラム

統括責任者 眼科医長 廣瀬 浩士     
募集定員 募集予定人員未定
研修内容 眼科専門研修プログラム(PDF)
連携施設 名古屋第一赤十字病院
採用実績 2018年度 1名
2019年度 -名

●病院見学
当院での専門研修をご検討されている初期研修医の皆様には、プログラム登録を行う前にぜひ一
度病院見学にお越しいただきたいと考えております。見学にお越しいただいた際には、原則的に各専
門研修プログラムの責任者(主に当該診療科の医長)と面談を行っていただき、プログラムの説明等
もその時に行うこととしています。
病院見学は随時行っております。お申込みはこちら をご覧下さい。
※8月28日(水)の選考に応募をお考えの方は、8月22日(木)までに見学及び面談にお越しくだ
さい。

<出願書類の締め切りおよび提出先>
   *8月22日(木)必着
〒460-0001
名古屋市中区三の丸四丁目1番1号
独立行政法人国立病院機構
名古屋医療センター 庶務係長 市坪

<お問い合わせ先>
   名古屋医療センター 卒後教育研修センター
   TEL:(052)-951-1111(代表)
   E-mail:311-sostugok@mail.hosp.go.jp