附属名古屋看護助産学校

写真 名古屋看護助産学校

附属名古屋看護助産学校閉校のお知らせ

独立行政法人国立病院機構名古屋医療センター附属名古屋看護助産学校閉校のお知らせ

令和2年3月31日をもって、独立行政法人国立病院機構名古屋医療センター附属名古屋看護助産学校は閉校いたしました。
昭和22年9月に看護婦養成所、昭和57年4月に助産婦科が開設されて以来、長きにわたり多くの看護師・助産師を社会に送り出してきました。これもひとえに講義や実習指導、学校運営等にご尽力いただきました講師や指導者の皆様方、病院職員の皆様方のお蔭と感謝申し上げます。
各方面で卒業生の皆様のご活躍をこころよりお祈りいたしております。

卒業証明書等の請求手続きについて
閉校後の卒業証明書、成績証明書の交付は独立行政法人国立病院機構本部において行うこととなります。
*学籍簿の保管期間は、学校教育法施行規則第28条の2の規程により20年となっております。保管期間が過ぎ、履修(成績)証明書の発行ができない場合は、成績証明書発行不可証明書の発行に替えさせていただくこともありますので、ご了承願います。

【申請手続き】
証明書はご本人が申請して下さい。
手続きとしましては、下記1.「証明書交付申請書」にご記入の上、以下の2.3を同封し、下記宛先へ郵送をお願いいたします。
(1)必要な書類
1.証明書交付申請書  *国立病院機構のホームページよりダウンロードしていただけます。
2.ご本人であることを証明できるもの
 (例;卒業証書のコピー、看護師等免許証のコピー、運転免許証等のコピー)
*運転免許証は裏表両面のコピーをお願いいたします。
3.返信用として長形3号サイズの封筒(ご本人宛の宛名書きをして返信用切手を貼ったもの)
4.証明書提出先から指定の証明書様式(指定の様式がある場合のみ)

*返信に必要な切手

  定形内特定記録郵便
(長形3号)
定形内特定記録郵便+速達
(290円)
証明書1通 244円(84+160) 534円
証明書2~5通 254円(94+160) 544円
  定形外特定記録郵便
(大型封筒等)
定形外特定記録郵便+速達
(290円)
証明書6~10通まで 300円 590円

*郵送料は令和元年12月現在のものです。

(2)宛先
住所  〒152-8621 東京都目黒区東が丘2-5-21
担当  独立行政法人国立病院機構本部医療部 卒業証明書等発行担当
電話  03-5712-5076   FAX  03-5712-5082
メール 700-gcinfo@mail.hosp.go.jp

(3)手数料
証明書交付には以下の通り手数料が必要です。手数料を下記振り込み口座に振り込むか、郵便為替により上記申請書類とともに郵送して下さい。なお、証明書の発送は入金確認後となります。
1.卒業証明書1通につき500円
2.履修(成績)証明書1通につき1,000円(科目数・評価・総授業時間数等記載)
*修了証明書と単位修得証明書が一体になった書式(放送大学様式等)1,500円

【振込口座】

振込口座名 三菱UFJ銀行 本店 普通7888456
口座名義人  独立行政法人国立病院機構
口座名義人フリガナ ドクリツギョウセイホウジンコクリツビョウインキコウ

*手数料は令和元年12月現在のものです。

*英文による証明書発行について*
英文による証明書の発行依頼を行う場合、以下の点をご記入ください。
1.氏名・生年月日は英語標記すること(可能であれば、パスポートのコピーを添付して下さい。)
2.申請時、海外在住者はメールアドレス及び日本国内での連絡先(住所・電話番号)を記入すること。
3.卒業証明書・成績証明書以外の書類(質問状等)を依頼する場合、必ず日本語訳してあるものを同封すること。
4.手数料は日本語の証明書と同額
*海外への返送希望の方は別途、返送代金をお振り込みいただくことになります。(代金はEMS配達料金を各自ご確認願います。)

*詳細は国立病院機構ホームページに掲載しています。
URL:https://nho.hosp.go.jp/