理念、教育目的・教育目標

 

理念

生命の尊厳と人間の尊重を基盤として、社会に貢献できる質の高い看護の専門職業人を育成する

 

教育目的

看護師若しくは助産師として必要な知識及び技術を教授し、独立行政法人国立病院機構及び社会に貢献し得る有能な人材を育成する

 

教育目標

  • 広い視野を持ち、創造性豊かに科学的に思考することができる
  • 対象を総合的に理解し、健康問題を看護の視点から総合判断し、それを解決するための基本的能力を習得する
  • 保健医療福祉のメンバーの一員として協働し看護の役割を遂行できる
  • 看護の専門職業人として、自己の責任を認識した行動がとれる
  • 社会の変動や科学の進歩に伴い、看護の向上をめざして主体的に学習する態度を身につける