当校が目指す助産師とは

助産師は女性とその家族と赤ちゃんのそばに寄り添い、必要な支援を行います。
ひとりひとりの妊婦・産婦・褥婦・赤ちゃん・家族成員を大切にできる助産師を育てたいと思っています。大切にできるとは、人々の価値観やニーズに沿った支援ができるということです。個人のニーズに沿うためにカリキュラムには東洋医学や妊婦体操の実際・アロママッサージを取り入れています。
専門職業人として臨床で実践できる助産師になってもらうために、実践力を培う演習と実習がカリキュラムで組まれています。
地域で子育てをする家族に寄り添うために、母子支援実習では地域の助産所と保健所の実習を取り入れています。孤立化している核家族のために地域力を高める役割も体感できます。

1年後には必ず、助産師としての実践できる力と自信をもち助産師としての一歩を踏み出しています。